Director


1960年12月20日生まれ。30歳でパリに渡り、路上画家として生計を立てながら、当時公開されていた『羊たちの沈黙』(90)や『ポンヌフの恋人』(91)を観て、映画という映像表現に開眼。帰国後に脚本家としてのキャリアをスタートさせる。96年『鰐(ワニ)』で監督デビュー。2000年の『魚と寝る女』がヴェネチア国際映画祭をはじめ数々の国際映画祭で絶賛され、「世界のキム・ギドク」として注目される存在に。同作は、ギドク映画の日本初上陸となり、熱狂的なファンを獲得した。低予算と短期間撮影をモットーとするギドク映画は、衝撃的なストーリーラインと暴力性から、とかく物議を醸す一方で、新作への期待度も増幅。だが、08年の『悲夢』以降、一時映画界から姿を消す。3年後、隠遁生活を送る自分を撮ったセルフ・ドキュメンタリー『アリラン』を発表。2011年カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀作品賞を獲得し、2004年ベルリン国際映画祭(監督賞『サマリア』)、2004年ヴェネチア国際映画祭(監督賞『うつせみ』)と、世界三大映画祭での受賞という快挙を成し遂げる。続く実験作「アーメン」の後、久々の本格的劇場映画『嘆きのピエタ』が、ヴェネチア国際映画祭で、韓国映画初となる最高賞・金獅子賞に輝いた。その後も、韓国で上映制限された問題作『メビウス』、異色サスペンス『殺されたミンジュ』と健在ぶりを発揮。2015年には、福島原発事故をモチーフにした「STOP」を発表。また、01年設立のキム・ギドク フィルムからは、『映画は映画だ』(08)のチャン・フン、『ビー・デビル』(10)のチャン・チョルス、『ママは娼婦』(11/F)のイ・サンウ、『プンサンケ』(11)のチョン・ジェホン、『俳優は俳優だ』(13)のシン・ヨンシク、『レッド・ファミリー』(13)のイ・ジュヒョンなど、新鋭監督が次々と輩出されている。

FILMOGRAPHY

1996 鰐(ワニ) (Crocodile)
1997 ワイルド・アニマル (Wild Animals)
1998 悪い女 青い門 (The Birdcage Inn)
第49回ベルリン国際映画祭パノラマ部門
2000 魚と寝る女 (The Isle)
第57回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門
第19回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭金の大鴉賞(グランプリ)
2000 リアル・フィクション (Real Fiction)
2001 受取人不明 (Address Unknown)
第58回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門
2001 悪い男 (Bad Guy)
第16回福岡アジア映画祭グランプリ
第35回シッチェス・カタロニア国際映画祭オリエント急行賞
2002 コースト・ガード (The Coast Guard)
第38回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭FIPRESCI賞・NETPAC賞
2003 春夏秋冬そして春(Spring, Summer, Fall, Winter…and Spring) (Crocodile)
第24回青龍映画賞(韓国)最優秀作品賞
第41回大鐘賞映画祭(韓国)最優秀作品賞
第51回サン・セバスティアン国際映画祭観客賞
2004 サマリア (Samaritan Girl)
第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)
2004 うつせみ (3-Iron)
第61回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)・FIPRESCI賞
第9回釜山国際映画祭NETPAC賞
2005 弓 (The Bow)
第58回カンヌ国際映画祭<ある視点>部門オープニング作品
2006 絶対の愛 (Time)
第42回シカゴ国際映画祭プラーク賞
第41回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭オープニング作品
2007 ブレス (Breath)
第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門
2008 悲夢 (Dream)
第27回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭
オービット・コンペティション・グランプリ
第28回韓国映画評論家協会賞監督賞
2011 アリラン (Arirang)
第64回カンヌ国際映画祭<ある視点>部門 最優秀作品賞
第12回東京フィルメックスオープニング作品
2011 アーメン (Amen)(未)
2012 嘆きのピエタ (Pieta)
第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞
第49回大鐘賞 主演女優賞(チョ・ミンス)・審査員特別賞(キム・ギドク)
第33回青龍賞 最優秀作品賞
第6回アジア太平洋映画賞審査員大賞(チョ・ミンス)
第32回韓国映画評論家協会賞
最優秀作品賞・監督賞(キム・ギドク)・主演女優賞(チョ・ミンス)
第13回東京フィルメックス観客賞
第17回サテライト賞外国語映画賞
第9回ドバイ国際映画祭 アジア・アフリカ長編コンペティション部門 最優秀監督賞
2013 メビウス (moebius)
第70回ヴェネチア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門出品
2014 殺されたミンジュ (One on One)
第71回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門
オープニング作品・ 同部門作品賞
第15回東京フィルメックス特別招待作品
2015 Stop (未)
第50回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門
2016 The NET 網に囚われた男 (The Net)
第73回ヴェネチア国際映画祭ネル ジャルディーノ部門
第41回トロント国際映画祭正式出品
第17回東京フィルメックスオープニング作品

backtop