ドラマ-ベスト5

マイナーから王道まで!20代がオススメする医療系ドラマベスト5

スポンサーリンク

私は会社員として働く20代女性みちこです。
ドラマはたくさん見る方ではありませんが、医療ドラマだけは好きで、これまで様々な作品を見てきました。

しかし、一口に医療ドラマと言っても、そのジャンルは多岐にわたります。
そこで今回は、マイナーも王道もひっくるめた医療系ドラマのベスト5をご紹介します。

ピグピグ
ピグピグ
泌尿器科とか皮膚科とか、普段あまりスポットが当たらなそうな科目のドラマって無いのかな
久保さん
久保さん
案外斬新なドラマが出来るかもしれないわね
スポンサーリンク

マイナーから王道まで!20代がオススメする医療系ドラマ 第1位 『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』

この作品は、医療系ドラマが気になっているすべての人に見てほしい医療系ドラマです。

医療系ドラマの王道である、なんでも治してしまうスーパードクターはこの作品には存在しません。
皆、努力と経験の積み重ねによって手にした知識・技術を総動員し、仲間たちと協力しながら、一人ひとりの患者の救命に努めます。
そこにリアルさを感じ、毎回手に汗握ってしまいます。

また、この作品は秀逸な医療ドラマであると同時に、ヒューマンドラマとしても傑作です。
医師たちの成長や挫折、葛藤などを見るたびに、医師も人間なのだ、という当たり前のことを改めて知ることができます。

マイナーから王道まで!20代がオススメする医療系ドラマ 第2位 『Dr.コトー診療所』

この作品の舞台は孤島です。そのため、病気を治すのに十分な医療設備は、この作品には登場しません。

だからこそ、主人公・コトー先生の卓越した医療技術や、病気ではなく患者を診る力の高さなどを、よりはっきりと感じることができます。
孤島でのんびりと過ごす日常的なパートと、急患の対応をするパートとの対比が、登場人物やドラマの魅力をより深めています。

ただし、この作品は原作からの設定改変が比較的多いので、原作ファンから見るとやや不満に感じる部分もあるかもしれません。ドラマはドラマとして、原作とは分けて楽しむのがオススメです。

マイナーから王道まで!20代がオススメする医療系ドラマ 第3位 『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』

このドラマは、医療系ドラマでありながら、大学病院の経営面にもスポットが当てられています。
シーズンが進むごとに大学病院の経営状況が悪化するさまや、医局内の人間関係の変化等も面白く、このドラマの注目ポイントのひとつです。

しかし、スーパードクター・大門未知子の活躍を描くという物語の支柱は、シーズンが進んでも変わりません。
1話完結型のストーリーがほとんどですが、難しい急患が出て最終的に大門が治す、という流れがテンプレ化しており、だからこそ安心感を持って見ることができます。

特に、医療系ドラマ初心者におすすめしたい作品です。

スポンサーリンク

マイナーから王道まで!20代がオススメする医療系ドラマ 第4位 『アンナチュラル』

この作品では法医学、つまり亡くなった人の司法解剖をする仕事がテーマとして取り扱われています。
医療ドラマといえば当然「生きている患者の病気・けがを治す」というテーマがほとんどの中、この作品では死人を相手にしているわけですから、まさに異色の医療系ドラマといえるでしょう。

しかし、死んでいるからスピード感や緊張感がないかといったら、そうではありません。
法医学というテーマが、作品にミステリー的要素を付加しており、一般的な医療系ドラマとはまた違った緊張感を常に抱きながら楽しむことができます。

魅力的なOP曲とドラマとの調和にも注目です。

マイナーから王道まで!20代がオススメする医療系ドラマ 第5位 『JIN-仁-』

この作品は医療ドラマの中でも異色中の異色、なんと現代の医師が幕末にタイムスリップするという、SF要素が非常に強い医療系ドラマです。

主人公の医師は優れた技術も知識も持っているのに、舞台がそれを十分に発揮させてくれない、という点に、歯がゆさとともに新鮮さを感じてしまいます。

また、もし過去の時代で現代の知識・技術を発揮させてしまったら、歴史が変わってしまうことは目に見えています。
目の前の患者のことに加え、自分が歴史に与える影響についても葛藤を抱く主人公から、目が離せないドラマです。

まとめ

一口に医療系ドラマといっても、医療現場に真摯に向き合う王道的ドラマから、亡くなった方を相手にする法医学をテーマにした作品、果ては医師がタイムスリップするSF的ドラマまで、様々な作品があります。この多彩さが、医療系ドラマの面白さのひとつでもあります。

今回はより多くの人が楽しめるであろう順番にランク付けしていきましたが、たとえば、SF作品が好きな人には「仁」を、医療モノに怖いというイメージを持っている人には手術シーンの表現がマイルドな「ドクターX」を1番にオススメしたいと思っています。

5つとも、甲乙つけがたい素晴らしい作品なので、ぜひ自分に合いそうな作品を見つけて、手に取ってみてください。

田中くん
田中くん
どれも王道だったような気が
スポンサーリンク
おすすめドラマ記事