ドラマ-ベスト5

30代がオススメする一昔前の刑事ドラマ

スポンサーリンク

太郎と言う39歳の未婚の男性です。
私は子供の頃から刑事ドラマが好きで、好きな刑事ドラマはレンタルしてでも観ていました。
私がオススメするのは、一昔前の刑事ドラマです。

ピグピグ
ピグピグ
39歳の一昔前っていつ頃の事なんだろう
久保さん
久保さん
十年一昔って言うけど20年位前になるのかな
スポンサーリンク

30代がオススメする一昔前の刑事ドラマ 第1位 『あぶない刑事』

あぶない刑事は横浜を舞台にした刑事ドラマで、鷹山敏樹ことタカと、大下勇次ことユージがコンビを組んで捜査をしていく物語です。

このドラマの最大の魅力といえばなんと言っても、カーアクションと発泡シーンです。
ユージが車を運転し、犯人を追いかけることもしばしばで、そのドラビングテクニックには見どころになると思います。

また、タカがバイクに乗ったり、拳銃を発泡するシーンも見どころの一つです。

そして、二人と共に活躍するのが少年課の真山薫と、捜査課の町田透です。
この二人がタカとユージと一緒に捜査するのも、このドラマの醍醐味です。

30代がオススメする一昔前の刑事ドラマ 第2位 『刑事貴族』

軽い口調の話し言葉がかっこいいのが、本城慎太郎刑事です。しかもそのおしゃれな感じは一見すると刑事らしくはないのですが、発泡シーンなどになると表情は一辺します。さらにはアクションシーンもこなすのが本城刑事で、その姿が見どころです。

そして本城刑事を慕う刑事たちにも注目できるのが、このドラマのポイントです。
時には熱く、時にはコメディな感じに仲間たちと話すところは観ていて、楽しいです。

そんな本城刑事を陰ながら支えるのは、宮本課長です。
彼も一見コミカルな感じではあるものの、きめるときはかっこ良くきめてくれ、頼りになるところが良さです。

30代がオススメする一昔前の刑事ドラマ 第3位 『古畑任三郎』

黒のスーツにサスペンダー、そして事件現場には自転車でやってくる彼は、その洞察力が見逃せないと思います。また、話し方に癖があるのも心地良く、部下の今泉慎太郎を嫌がりながらも可愛がるところは観ていて楽しめると思います。

そしてどんなに難解な事件でも古畑警部補は、小さな糸口から事件を推理し、解決へと導いてしまうのが見どころです。
さらには、犯人と二人になって自白へと追い込むシーンでは、その台詞がだんだん熱くなっていくのも最高に面白いです。
また、自白に追い込むときには迫真に迫っていて、犯人の気持ちに寄り添うところも見え隠れするのが、このドラマの良さだと感じます。

スポンサーリンク

30代がオススメする一昔前の刑事ドラマ 第4位 『西部警察』

カーアクションや発泡シーンが好きならこのドラマは最高です。さらには爆破シーンもかなり多く、迫力満点です。

部長刑事の大門圭介を中心とした、大門軍団もこのドラマでは見逃せないところの一つです。
大門を中心とした男らしい仲間たちが、一致団結して事件を解決していくところは本当に楽しめると思います。

また、注目できるのが出てくる車です。
一般車を大門軍団のために特注しているので、その車のかっこ良さも見どころになると思います。
大門がヘリコプターから射撃するシーンもあり、迫力は満点だと思います。

30代がオススメする一昔前の刑事ドラマ 第5位 『踊る大捜査線』

リアルな警察の姿が分かる作品としてオススメできると思います。
所轄の警察署と本庁の警察署の違い、警察の組織とはどのようなものなのかが、見どころになっていると思います。

しかしそんな中、青島俊作刑事が組織の違和感を感じながら捜査してく様子は観ていて楽しめると思います。また、青島の上司となる署長たちのキャラクターが面白いのこのドラマの良さの一つです。

そして青島と仲の良い盗犯係の恩田すみれは、男っぽい感じがとても良かったと思います。管理官として所轄にやってくる室井慎次と青島刑事の間に、だんだん友情が芽生えてくるところもこのドラマの見逃せないポイントになる思います。

まとめ

あぶない刑事を筆頭に、カーアクションやガンアクションのあるドラマが面白いと思います。特にあぶない刑事は、二人にそれぞれのかっこ良さがあり魅力がありますね。横浜が舞台なので、ドラマ自体の雰囲気作りもおしゃれだと感じました。

しかし、一方で古畑任三郎といった推理が中心となるドラマも楽しめる作品と言えそうです。
特に古畑任三郎は犯人との駆け引き・やり取りが楽しめる作品となっています。

田中くん
田中くん
予想してたのより古い作品だったかも…
スポンサーリンク
おすすめドラマ記事