刑事7人(2020年版)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・オススメポイントもご紹介!【1話~全話】

このページでは、8月5日(水)21:00に放送が開始されるドラマ『刑事7人2020』の見逃し動画を無料視聴する方法、話題のニュースやトピックス、あらすじ・ネタバレ、出演者やスタッフ情報、原作、主題歌、ロケ地などについてご紹介します。

ドラマ『刑事7人(2020年版)』の無料動画フル視聴方法

2020年8月からテレビ朝日系列で配信される『刑事7人(2020年版)』は、地上波での放送後の配信先はまだ分かりません。発表され次第お伝えします!

ドラマ『刑事7人(2020年版)』の1話~最終回まで無料見逃し動画の配信先

2020年夏ドラマ『刑事7人(2020年版)』のテレビ放送を見逃してしまった、再放送はいつあるの?という方のために、無料フル動画を配信しているサイトを調べてみました。

配信状況 月額料金 無料期間
U-NEXT × 1,990円 31日間
WOWWOW × 2,530円 2ヶ月
FOD × 888円 1ヶ月間
Hulu × 933円 14日間
Paravi × 1017円 14日間
AbemaTV × 872円 1ヶ月間
Amazonプライム × 500円 30日間
Netflix × 1,200円
ひかりTV × 1,500円 2ヶ月間
TVer × 無料
GYAO! × 無料

ドラマ『刑事7人(2020年版)』の情報

放送日などデータ

放送局 テレビ朝日
放送開始日 2020年8月5日(水)
放送時間 21時00分~
出演 東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也
原作 ×
公式サイト tv asahi -刑事7人 シーズン6
公式Twitter @keiji_7nin
WikiPedia 刑事7人

テレビ朝日『刑事7人(2020年版)』の大あらすじ

東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気ドラマが、この夏、さらに進化して帰ってきます。
天樹悠をはじめ、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)ら専従捜査班のメンバーはもちろん健在。本作でも引き続き、己の正義をまっとうして難事件に挑みます。
巧妙に仕組まれた犯罪はもちろん、その犯罪の裏に潜む人間の弱さや複雑な心理までも丁寧に描き出す骨太な人間ドラマとしても定評のある本作が、さらに円熟味を増してパワーアップ!
6年目を迎えた新生『刑事7人』に、どうぞご期待ください。

さらに専従捜査班一人ひとりにスポットを当てた人間ドラマとしての魅力も強化!
天樹と拓海、班長の片桐が所属する「刑事資料係」は、捜査資料を保管・維持・管理する、いわば警視庁内の巨大なデータバンク。刑事たちから依頼された捜査資料の貸し出しや、資料整理を行うのが本来の業務です。その業務の傍ら、膨大な資料を読み込み、“人間犯罪ビッグデータ”となった天樹は、事件が起きると、海老沢、環、拓海、青山、片桐、堂本らと協力、「専従捜査班」として独自の捜査を行います。年々強まっているメンバーのチームワークにも、どうぞご注目ください!
また、犯罪者の心理や手口、犯罪傾向など、資料を読み込んで得た知識を武器にした“資料係”と“刑事”の二刀流は健在!組織の論理にとらわれず、独自の判断で自由に捜査を行い、超凶悪犯罪を徹底的に捜査します。
また、単に事件解決までを描くだけの刑事ドラマではなく、本作では登場人物一人ひとりにスポットを当て、人間ドラマの側面も併せもった重層的な作品を目指します。
さらに、本作では捜査資料が盗まれるという前代未聞の事件が発生!シーズンを通して、資料係ならではといえる、この事件の真相を追う7人の活躍も大きな見どころとなっています。

警視庁内にある捜査資料の完全データ化に伴い、過去の資料を倉庫に移送する途中で何者かに襲撃され、ダンボール箱が一つ盗まれるという前代未聞の事件が発生!
不可解なことに、そのダンボールに入っていたのは「0(ゼロ)A」と呼ばれる、データ化の必要すらないような解決済みの事件や事件性のない資料ばかり…。なぜ移送トラックを襲撃するというリスクを冒してまでゼロAを盗む必要があったのか…。襲撃犯の目的がまったく見えない中、盗まれた資料に関連する事件が次々と発生!謎はどんどん深まっていきます。
これまでのシリーズ同様に一話完結の形を取りつつ、本作ではシリーズを通して盗まれた捜査資料の謎も描いていきます。はたして、犯人の目的は――?
それぞれの熱い<正義>を胸に、超凶悪犯罪や未解決事件、そして盗まれた捜査資料の謎に挑む7人の活躍に、どうぞご期待ください。
公式サイト』より

『刑事7人(2020年版)』の登場人物・キャスト

天樹悠(あまぎ・ゆう)役:東山紀之

Twitter

視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事。
警視庁遺失物センター、捜査一課12係、機動捜査隊を経て、現職。
一見朗らかだが、かつてはふと人を食ったような態度を見せることもあった。捜査能力は非常に高い。ひたすら証拠を積み上げ、真実が判明する瞬間まで物事を決めつけないスタイル。機捜時代は夜を徹して覆面パトカーで街を走り続け、誰よりも早く現場に駆けつけ初動捜査を指揮、被疑者を追い詰めてきた。妻子の事故死が仕組まれたものであることが判明し、己の正義感が揺らいだこともあったが、今はただ前を向いて進んでいくよう努めている。
刑事資料係で莫大な捜査資料と向き合うことで“人間犯罪ビッグデータ”へと変ぼうを遂げた。いざ事件が発生すると、資料係を飛び出し、独自に捜査を始める。その原動力は天樹の根底に眠る<比類なき正義>にほかならない。先日、老眼鏡を新調したが、誰も気づいてくれない。
tv asahi -主な登場人物』より

海老沢芳樹(えびさわ・よしき)役:田辺誠一

Instagram

警視庁刑事部 専従捜査班主任刑事。
環、青山の直属の上司。かつては上昇志向の塊のような男で、組織でのし上がることしか考えていなかったが、天樹らと行動を共にする中で、彼の中に眠っていた<静かなる正義>が目を覚ました。空気の読めない“天然”な一面もあるが、ふと口にしたなにげない一言が、行き詰まった捜査を一転させることも。昼あんどんな片桐に代わり、専従捜査班の陣頭指揮を執る。“チームのために”と、毎年昇進試験に挑み続けているが、いつまで経っても受からないのが目下の悩み。
昨年、孫が生まれ、若くして祖父になった。
tv asahi -主な登場人物』より

水田 環(みずた・たまき)役:倉科カナ

警視庁刑事部 専従捜査班刑事。
捜査一課12係、監察官を経て、再び刑事の世界に舞い戻ってきた。天樹とはまた違ったタイプの高い洞察力と推理力を兼ね備えている。容姿端麗だが、非常にクラシカルで職人肌な一面をもつ。あえて感情を抑制し、冷静沈着に行動。監察官時代は“スパイ”として仲間の動向を内偵するよう要請されたが、決して裏切ることはなかった。警察組織にもまれていく中で、環の<潔癖な正義>が少しずつ変化を見せ始める。完全な男社会を息苦しく思っているものの、どこかでうれしさも感じている自分に戸惑いを隠せない。婚活サイトに登録してはみたものの、個性派揃いの専従捜査班のメンバーの影響で、ほかの男性に物足りなさを感じてしまうのか…まだ一度も利用していない。
tv asahi -主な登場人物』より

『刑事7人(2020年版)』の相関図

2020夏ドラマ『刑事7人(2020年版)』の原作

原作はありません。

ドラマ『刑事7人(2020年版)』の主題歌・挿入歌・エンディングテーマ

主題歌はわかり次第お伝えします。

東山紀之主演『刑事7人(2020年版)』のロケ地

情報が入り次第お知らせいたします。

テレビ朝日『刑事7人(2020年版)』のネタバレ・あらすじ

第1話のあらすじ・ネタバレ

警視庁内の資料を完全データ化することになり、紙の資料は倉庫で一元管理することが決まった。倉庫への移送に同行することになったのは、資料係と専従捜査班の刑事を兼務する野々村拓海(白洲迅)。拓海は庶務係の加山和彦、河本春夫とともにトラックに乗り込み、倉庫に向けて出発する。

走行中、路上で倒れている男を発見し、トラックが急停車。心配した拓海が急いで駆け寄ると、倒れていた男が突然起き上がり、催涙スプレーを浴びせる。さらに突然現れたもうひとりの男に、加山と河本も襲われ…。催涙スプレーの男がおもむろに取り出した拳銃で河本が被弾する。

資料係長兼専従捜査班長の片桐正敏(吉田鋼太郎)の指揮で、天樹悠(東山紀之)、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)ら専従捜査班のメンバーが、移送トラック襲撃現場に臨場。その後、雇い主にトラックを引き渡そうとしていた犯人がいともあっさり逮捕されるのだが、インターネットで雇われただけで詳しいことは知らないまま襲撃に及んだということが判明する。

一方、トラックを調べていた天樹は、資料が1箱だけ盗まれていることに気づく。しかも、その資料は「0(ゼロ)A」と呼ばれる、データ化の必要のない解決済みの事件や事件性のない事故事案ばかり。また、トラックの側面には白い塗料で謎の数字が書き殴られていて…。

そんな中、専従捜査班は法務大臣・高木慎一郎の息子が誘拐された事件を極秘捜査することに。現場に残されていたランドセルに、トラックと同じ塗料で別の数字が書かれていたことで、関連性が疑われたのだ。また、母親のもとには「真実は一つだ」という電話がかかってきて…。

捜査を進めるうちに、天樹は高木が検察官時代に担当した事件の資料が「ゼロA」に入っていたことに気づく。犯人からの連絡に高木や専従捜査班が振り回される中、当時の事件の関係者が遺体で発見される。その遺体の解剖を担当した法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、「犯人の強い恨みを感じる」と天樹に告げる。

さらに、専従捜査班をあざ笑うかのように新たな誘拐事件が発生。現場に残されていた自転車には同じ塗料で別の数字が書かれていて…。

すべての事件は「ゼロA」に関連するのか…? 現場に残された数字の意味は…?

専従捜査班が時間をさかのぼって事件の真相を追う――!
tv asahi -第1話あらすじ』より

吉本昌弘脚本『刑事7人(2020年版)』のスタッフ・制作情報

脚本 吉本昌弘、ほか
監督 兼﨑涼介、ほか
音楽 奈良悠樹
エグゼクティブプロデューサー 内山聖子(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー 輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 山川秀樹(テレビ朝日)、貴島彩理(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)
制作 テレビ朝日、東映

ドラマ『刑事7人(2020年版)』の見逃し無料動画情報まとめ

  • ドラマ『刑事7人(2020年版)』はテレビで2020年8月5日の水曜日に21:00から放送スタート!
  • 主演は天樹悠役に「東山紀之」さん
  • 原作はなし
  • テレビ放送を見逃したときの無料フル動画は配信先不明
ピグピグ
ピグピグ
本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は 各サイト にてご確認ください。