U-NEXT

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第20話の見逃し動画を無料でフル視聴する方法はこちら!キャスト・ネタバレ・次回考察アリ!

スポンサーリンク

視聴率15.3%だった『麒麟がくる』第20話「信長を暗殺せよ」(2020.5.31放送)を無料で見る方法やネタバレ・評判・次回考察などの詳細をお届けします。

大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・オススメポイントもご紹介!【1話~全話】このページでは、大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画を無料視聴する方法、あらすじ・ネタバレ、出演者情報などについてご紹介します。 ...
ドードーくん
ドードーくん
ドラマ『麒麟がくる』無料でフル動画を観る方法だヨ!
あみちゃん
あみちゃん
すぐに観たい人のために結論から言うと『麒麟がくる』は『U-NEXT』経由で『NHKオンデマンド』に入れば実質無料でみれちゃいます!
全話見られるのは『NHKオンデマンド』のみです。

下記のリンクからU-NEXTに申し込めば普段は600ポイントのところ1,000ポイント(1,000円分)が貰えます
そのポイントを『NHKオンデマンド』の990円分に当てれば実質無料で観ることができます。

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『麒麟がくる』を今すぐ観る

スポンサーリンク

『麒麟がくる』キャスト/脚本

明智十兵衛光秀:長谷川博己
煕子:木村文乃

帰蝶:川口春奈
織田信長:染谷将太

足利義輝:向井理
細川藤孝:眞島秀和
松永久秀:吉田鋼太郎
三好長慶:山路和弘

朝倉義景:ユースケ・サンタマリア

今川義元:片岡愛之助
松平元信:風間俊介

望月東庵:堺正章
菊丸:岡村隆史

水野信元:横田栄司
於大の方:松本若菜

脚本:池端俊策 他

『麒麟がくる』第20話のあらすじ

Twitter

50代・男性・ヨウスケさんのあらすじ

永録三年、越前に居た明智光秀(長谷川博己)は、いとこの明智左馬之助(間宮祥太朗)から三河の多くが今川方に味方する事を知り、今川と五分に戦う為に松平元康(風間俊介)を利用する事を文で帰蝶(川口春奈)へ伝える。
その頃、尾張攻めの先鋒に選ばれた松平元康は、駒(門脇麦)から戦で死なない不思議な薬を貰い、無事戻ると誓う。その後、今川軍二万五千の兵が尾張に侵攻を始める。数に劣る織田勢は重臣達の意見がまとまらず浮き足立っていた。
そんな時、光秀からの秘策を受け取った帰蝶が、信長(染谷将太)と共に熱田で元康の母の於大の方(松本若菜)と伯父の水野信元(横田栄司)と内密に会う。十六年間会っていない、と嘆く於大の方を信長が得心させ、元康へ宛てた文を菊丸(岡村隆史)が預かり、大高城に居た元康の元へ届けた。
母からの文を読み、三河を取り戻す為に涙ながらに今川家を裏切る決意を固める元康。そんな夜半に馬を走らせ尾張を目指す明智光秀だった。

60代以上・男性・terichan1さんのあらすじ

越前での光秀(長谷川博己)の生活はかなり苦しい状況。心配する駒(門脇麦)から届いた薬草を質入れしたいという煕子(木村文乃)の案も容認。
駿河では今川義元(片岡愛之助)の尾張侵攻の先鋒は元康(風間俊介)と決定。東庵(堺正章)は鍼治療で今川義元と対面した際、受けた質問に元康を誠実な人物で裏切るようなことのない人物と評します。さて、光秀は義景(ユースケ・サンタマリア)の蹴鞠にもあきれ、越前に長く留まるつもりはなく、尾張を心配し、帰蝶(川口春奈)に対し戦を回避するための方策を伝えるように動きます。尾張では今川対策に家臣たちも動揺していますが、信長(染谷将太)は熱田に行こうとする帰蝶の案に納得。案の出どころは光秀であろうとも気づきます。
信長と帰蝶は元康の母於大の方(松本若菜)と伯父水野信元(横田栄司)に会い、元康が信長に味方するよう働きかけます。使者の菊丸(岡村隆史)によって元康に届けられた手紙を読み元康は心を動かされます。そのころ光秀は左馬之助(間宮祥太朗)を連れ、尾張に向け馬をとばします。

40代・女性・aiさんのあらすじ

いよいよ今川義元(片岡愛之助)が尾張攻めに本腰を入れ始めた。先鋒には松平元康(風間俊介)が選ばれる。戦の場所が生まれの三河に近く場所を心得ているだろうということからだ。
越前にいる明智光秀(長谷川博己)にも今川の尾張攻めの情報が聞こえてきた。戦のこともだが自分たちの生活も逼迫して来ているため朝倉氏に仕官の道を探るが、蹴鞠に興じているため話は後回しにされた。
とりあえず、帰蝶(川口春奈)はじめ織田信長(染谷将太)を助けるべく文を送る光秀。その文を受け帰蝶は松平元康の叔父、水野信元(横田栄司)と元康の母の於大の方(松本若菜)に面会しに行くことに。信長も重臣たちの会議にうんざりしていたのか一緒に同行。
誰の入れ智恵なのかと分かっていながらも嬉しそうに聞く信長。説得に応じたのか元康の母は文をしたためる代わりに戦が終わったあかつきには三河に元康を戻すよう懇願、信長も了承する。
指示された城に到着した元康。そこで母からの手紙を持った菊丸(岡村隆史)が。さっそく読み、母の想いを知る。そしていよいよ今川義元自身も戦へ。終幕。

40代・男性・cl77さんのあらすじ

今川義元(片岡愛之助)が尾張に進行を開始することを知った明智光秀(長谷川博己)は、その先鋒を松平元康(風間俊介)がつとめると考えた。そして、信長の妻・帰蝶(川口春奈)に知恵を授ける。その内容は尾張にいる元康の母・於大と伯父・水野信元に接触し、元康が今川から離反し、戦を止めることを説得するものだった。
そして、幼いころに離ればなれになった実の母からの手紙を受け取った元康は、戦を止めてほしいという母の願いを知る。それは母だけではなく、今川の支配下から離れたいと思う三河の者すべての願いでもあった。一方、明智光秀は尾張の織田信長(染谷将太)の元へと走るのであった。

50代・男性・アビシニアンさんのあらすじ

三河を手中に治めた今川義元(片岡愛之助)は尾張への侵攻を決断し、その先陣として、三河の地に詳しい成人となった松平元康(風間俊介)を先に三河領内にある大高城に向かわせます。
その情報を察知した光秀(長谷川博己)は尾張の策を練り、尾張の帰蝶(川口春奈)宛に文を託します。尾張の城内では、家臣は口で議論はしているものの対策は見えず、自らが主である信長(染谷将太)に一緒に熱田に一緒に行く様に促します。熱田には家康の母、於大の方(松本若菜)がおられるからです。そして、於大の方の文を家康に手渡す様にして、今川側について戦をしない様に説得します。

『麒麟がくる』第20話の感想

Twitter

50代・男性・ヨウスケさんの感想

今川義元(片岡愛之助)が虎視眈々と尾張を狙っている事を、遠く離れた越前で明智光秀(長谷川博己)はどんな思いで見ていたのだろうかと興味深く見られました。織田信長(染谷将太)を救う為に密かに松平元康(風間俊介)を味方につけるべく母親と伯父に帰蝶(川口春奈)達を接触させた展開は、桶狭間の戦いの裏で、こういった画策もあったのかもとアレコレ予想されて、歴史好きな自分にとっては堪らなく楽しい内容でした。
駒(門脇麦)と松平元康の二人きりのシーンは、何やら恋らしきモノも感じられ、二人のこれからの関係も面白くなりそうだなと感じました。
今川義元の大軍が遂に動きだしたシーンも、遂に桶狭間の戦いが始まったと感じられ、どの様な演出で見られるのかと非常に楽しみになりました。そんな大きな戦に、明智光秀が更にどう絡んでいくのかも気になりながら楽しく見られた20話でした。

60代以上・男性・terichan1さんの感想

光秀(長谷川博己)の発案による元康(風間俊介)への裏工作をメインテーマとしたストーリーは、今までの多くの桶狭間関連作品で初めてです。平和(あるいはその象徴である麒麟)を願う光秀であればこういう知恵も出すであろうという意味で、光秀像を表現するためでしょうが、ストーリーとして新鮮でした。
また、信長役の染谷将太さんはあいかわらずユニークで、こんな人間的で陽性の信長像はいつも興味深いです。岡村隆史さんや松本若菜さんの演技も脇役ながら印象的でした。
最近ジョン・グラム氏の音楽が色彩的な豊かさを増してきているように感じます。映像にマッチした音響も特に今回気に入りました。
さて、有名な桶狭間の勝利が近づいてきていますが、間もなくドラマ放映が休止される予定と聞きますので、その事情も念頭に置いて、各出演陣やスタッフがかなり真剣に仕事をしている様子が伝わってくるような完成度の高さも感じました。

40代・女性・aiさんの感想

各地で戦があり生活も逼迫してきたようで赤ちゃん生まれたばかりで気の毒そうな明智光秀(長谷川博己)でした。駒(門脇麦)が送ってくれた薬草の半分を質草にしようとするほどに困っているなんて~と悲しくなりました。最初に朝倉がお金をくれると言っていた時にもらっておけば良かったのにと思いました。
仕官しようとしたらその日は蹴鞠をしていて話が後に持越しされてたのも運が悪いなぁと思いましたが、これで自分の想いを確かめられたので良かったかも。
寺子屋で教えるのは性に合ってそうだけど、持ってる能力が活かされてないですもんね。甥っ子にも言ってましたがこのままここで終わってる場合じゃないです。
それにしても小さかった元康(風間俊介)が元服していていよいよキーマンになって来ました。
今川義元(片岡愛之助)は東庵(堺正章)を通じて探りを入れて来たけど、どっちにつくのかな。母の手紙はかなり心を動かされますよね。織田信長(染谷将太)が帰蝶(川口春奈)と直々に於大の方(松本若菜)や水野信元(横田栄司)のところへ行っているとは思ってないでしょうね。
信長がどんなに会っていなくても母は母と言っていたのがとても感動的でした。ちゃんと人情があるところが好きです。
次週はいよいよ桶狭間の戦いなので楽しみです。

40代・男性・cl77さんの感想

いよいよ尾張では今川軍との戦が始まろうとしていたが、圧倒的に不利な状況で織田家の重臣たちはどうすべきか分からずにいた。
そんな時、明智光秀(長谷川博己)から策を授けられた信長の妻・帰蝶(川口春奈)が今川軍の先鋒を務めることになる松平元康の母於大の方(松本若菜)と伯父水野信元(横田栄司)に接触し、織田信長(染谷将太)とともに
松平家が今川から離れるように促すというストーリーは、越前と尾張との距離や歴史的は背景などを考えるといささか飛躍しすぎな演出、という感じは否めなかった。
しかし、母からの手紙を受け取り、その心の内を知った松平元康(風間俊介)が今後どのような動きをするのか、という点においては非常に気になる内容だった。
また、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)へ仕官する考えを捨て、信長の元に走る明智光秀の姿には、いよいよ主役の活躍が始めるのか、という期待が持てた。

50代・男性・アビシニアンさんの感想

今川2万軍に対し、尾張は数千の軍勢で戦えば、父道三(本木雅弘)が斎藤義龍(伊藤英明)に挑んだ戦と同じになると信長(染谷将太)に言い、「家臣はやいの、やいのというばかり」という帰蝶(川口春奈)は頼もしく感じました。まるで小田原評定と変わらないなと思ってしまい、桶狭間の戦いの前の織田家はこういう感じだったのだろうかと思いました。理由はこれまで歴史ドラマで演じられていた桶狭間の戦いの戦支度とは異なる様に感じたからです。こういう脚本も面白いと思いました。
また、信長にこの戦支度の中、「一緒に熱田に参りましょう」と言っているところは、まるで女軍師と感じました。その帰蝶に対し、「戦に女がでしゃばるな」と言わずに、一緒に熱田に行き、於大の方(松本若菜)様と会うとは単なるうつけ者ではないところが上手く出ていて、上手く策ができたと感じました。

この今川と尾張が戦をしようとする中、蹴鞠を行なっている朝倉家当主義景(ユースケ・サンタマリア)に、明智光秀(長谷川博己)は見切りを付けたところは、流石に明智光秀と感じました。

スポンサーリンク

『麒麟がくる』第20話のオススメポイント

Twitter

50代・男性・ヨウスケさんの第20話のオススメポイント

駿河の今川義元(片岡愛之助)と松平元康(風間俊介)の関係や、元康が先鋒をどんな思いで引き受けたのかや、駒(門脇麦)と元康の純粋な恋模様等々が見どころと思っています。更には、桶狭間の戦い、に向けて明智光秀(長谷川博己)と帰蝶(川口春奈)が裏でどう関わっていたのかという演出もオススメポイントの一つです。

60代以上・男性・terichan1さんの第20話のオススメポイント

信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)が元康の母於大の方(松本若菜)と伯父水野信元(横田栄司)に会うシーンはなかなか印象的でおススメポイントです。
こういう展開が過去の作品でみられなかったことも原因ですが、ユニークな信長役染谷将太さんと今回セリフは少ないものの表情が豊かになった帰蝶役川口春奈さんの魅力がよく出ています。於大役の松本若菜さんの魅惑の涙シーンもチャーミングな名演技です。

40代・女性・aiさんの第20話のオススメポイント

越前に身をおく明智光秀(長谷川博己)が尾張へ文を書き、帰蝶(川口春奈)や織田信長(染谷将太)を動かしているのがやはり見どころでしょうね。操っている感はないですが、戦のカギを握っているとは思いました。それにしても信長が帰蝶が相手の先鋒になるであろう元康の叔父と母親に会いに行こうとしていたのを誰の入れ智恵だと聞いたのも頭がいいなぁと思いました。光秀からの入れ智恵と分かりつつも聞いているあたりがいい。お互いに存在を認め合っている感じが出ていました。東庵(堺正章)が今川義元(片岡愛之助)に呼ばれて体の施術に行っていましたが、そこで戦の話を聞かされていて元康(風間俊介)が裏切らないと答えてましたが東庵の立場もなかなか大変そうですね。母からの手紙を受けた元康がどう動くかが次回の見物です。

40代・男性・cl77さんの第20話のオススメポイント

明智光秀(長谷川博己)は越前で活躍の場を見い出せずにいたが、その裏では尾張の情勢を気にかけ、信長の妻・帰蝶(川口春奈)に策を授けるなど、つねに心は尾張に向いていた。
そんな十兵衛が蹴鞠に興ずる朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の姿を見て、尾張では戦が始まろうとしているのに蹴鞠とは何か、と憤慨する姿は、本来の明智光秀の姿が戻って来た様で、今後の活躍がいよいよ始まるのかと期待できるシーンであった。

50代・男性・アビシニアンさんの第20話のオススメポイント

光秀(長谷川博己)と帰蝶(川口春奈)が大軍の今川勢と闘うので、できることは何でもしておきたいと策を立て、実行しておくところが見どころでしょう。成人となった松平元康(風間俊介)の母に対する思いと行動も見どころのポイントの一つです。元康の動きのお陰で戦の風向きが変わるからです。

『麒麟がくる』の次回考察

Twitter

50代・男性・ヨウスケさんの次回考察

永録三年、今川義元(片岡愛之助)の軍勢に攻め込まれた織田信長(染谷将太)は、城を次々と失い窮地に立たされた。
二万五千の大軍に対して僅か三千の兵しか持たなかった織田信長は、家臣達に籠城戦に持ち込む事を伝える。しかし、その裏で密かに今川義元を桶狭間に誘い込む手を打っていた織田信長は、頃合いを見て突如単身で城を出て桶狭間を目指す。
明智光秀(長谷川博己)が帰蝶(川口春奈)の元へ駆けつけるが心配で堪らない様子の帰蝶にかける言葉が無い光秀。
そんな頃、遅れて家臣達が信長に合流すると、雨が降り始めた中で信長は今川義元の本陣目掛けて襲いかかるのだった。という展開を予想しています。

60代以上・男性・terichan1さんの次回考察

いよいよ桶狭間。敵の兵が大軍であっても、局地戦によって本隊を分離させるような作戦で今川義元(片岡愛之助)の首だけを狙います。
一方で元康(風間俊介)も自分たちを酷使する今川に嫌気がさしてきます。
歴史的に有名すぎる桶狭間ですが、偶然とかラッキーというものではなく、信長(染谷将太)の賢さを描き、作戦の緻密さも描かれると思います。信長に何か「持って生まれた力」が備わっていることも、表現されると思います。そして光秀(長谷川博己)もこの勝利を見て、麒麟を連れてくる人が信長なのではと確信する展開が予想されます。

40代・女性・aiさんの次回考察

母からの手紙を受け心を動かされていたので尾張を本気で攻めないのだとは思います。織田信長(染谷将太)の方も何か策を打っていたのでどういう形になるのか気になります。
表立って裏切らせずにスルーさせ、今川本体とだけ戦う形にするんでしょうね。
密約していたので戦いが終わったら、三河はぜひ松平へ返してあげて欲しいです。そして元康(風間俊介)に手紙を書くように提案した明智光秀(長谷川博己)も呼び寄せて欲しいと思います。
仕官しようとして話が後回しにされた光秀自身も今後も越前に残る気はないみたいだったので信長と対面してどういう話をするのかも気になります。

40代・男性・cl77さんの次回考察

次回はいよいよ桶狭間の戦いということで、歴史的に有名な史実ではあり、その結末は誰もが知っている。
しかし、その今川義元(片岡愛之助)が織田信長(染谷将太)に討たれるまでの過程の演出で、信長が今後天下人となっていく片鱗を見せる
のではないかと予想する。
また、尾張に到着した明智光秀(長谷川博己)は今さら越前には戻れないため、次回で織田信長に仕えることを決心するのではないかと考える。
おそらく、そのような決意をさせる様な、信長と光秀とのやりとりがあると思われるが、その内容が気になるところだ。

50代・男性・アビシニアンさんの次回考察

待ちに待った桶狭間の戦に突入になります。歴史的には信長(染谷将太)が今川義元(片岡愛之助)の首を取ることになるので、数千の信長軍が桶狭間に向かう様子をどのくらい魅力的に演じられているかが気になるところです。
また、桶狭間で信長の不意打ちを食らった今川義元軍はどの様にうろたえるのか、あるいは大軍の多さに過信し敗戦に追い込まれるのかが気になるところです。
また、城で待つ帰蝶(川口春奈)の感情にも注意したいです。今川に勝った信長が帰城して、帰蝶と顔を合わせる所まで来週の放映時間内に入っているのかも知りたいところです。

大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・オススメポイントもご紹介!【1話~全話】このページでは、大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画を無料視聴する方法、あらすじ・ネタバレ、出演者情報などについてご紹介します。 ...

ドラマ『麒麟がくる』(1話~全話)実質無料でフル動画を観る方法を解説!

ドラマ『麒麟がくる』を実質無料で観たい場合は『こちらのページ』からU-NEXTの31日間無料体験に申し込んでください。

こちらのページ』からなら、普段は600円分しか貰えないポイントが1,000円分も貰えちゃうんです!

この画像を見てもらえば分かりますが、U-NEXTの無料体験中に貰った1,000円分のポイントを、NHKオンデマンドの990円分に当てるってやり方ですよ!

手順をもう一度説明しますと

1.『こちらのページ』からU-NEXTの31日間無料トライアルに申し込む!

2.NHKオンデマンドの『NHK見逃し見放題パック』(月額990円)に申し込む!

3.麒麟がくるを観る!

たったこれだけなんです!

こちらのページ』から申し込むと、いつもは600円分の無料ポイントが1,000円分になるので、NHK見逃し見放題パックの990円と相殺することが可能ってわけですよ!

もちろん、そのままU-NEXTを継続していると、翌月は1,200円分のポイントが貰えますので、そのポイントを『NHK見逃し見放題パック』に当てることも可能なんです。

つまり、U-NEXTに入ってる間は、NHKオンデマンドを実質無料で楽しめるってわけですね!

\このページからなら600円分のポイントが1,000円分のポイントにアップ!/

U-NEXTで『麒麟がくる』を今すぐ観る

U-NEXTの特徴とオススメポイント

U-NEXTならメリットがいっぱい!

  • 今なら31日間無料体験!
    ※期間中に解約すれば一切お金はかかりません
  • 見放題作品数No.1
    →動画見放題14万本!
    →動画レンタル3万本!
    →書籍・漫画・ラノベ合計52万冊以上!
    →雑誌読み放題70誌以上!
  • 毎月1,200ポイントもらえる!
    (最新映画2本分)
    ※無料期間でも600ポイントもらえる
  • 無料でアカウントが4つ使えるので家族みんなで楽しめる
  • スマホやタブレットに映画やアニメをダウンロード!
  • 高品質の音と映像
  • テレビやパソコン、スマホ・タブレット・ゲーム機で楽しめる!
  • いつでも解約できる!

更に『U-NEXT』+『NHKオンデマンド』では過去の連続テレビ小説や、過去のドラマも多数配信されています!

U-NEXTの入会方法

U-NEXTの入会登録は難しいって思っていませんか?

実はめちゃくちゃ簡単なんです!

管理人が試したところ3分で登録が終わっちゃいました。

【U-NEXTの入会方法】

1.『こちらのページ』からU-NEXTのページを開きます

2.『今すぐ観る』のデカくてオレンジ色のボタンを押します

3.名前とパスワードを登録して「次へ」を押します

4.支払い方法を入力して「送信」を押したら入会完了です
(※31日以内に解約したら無料です)

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

管理人も入るまでは「面倒くさいなぁ」って思っていましたが、やってみたら誰でもできるくらい簡単でした。

試しにもうすぐ70歳になる父親にやらせてみても出来ましたよ!
※父がどうしても過去のドラマを見たいと言い出したので自分でやらせてみました

U-NEXTの解約方法

「『解約方法』を面倒臭くさせて、解約できない作戦なんじゃないの?」と疑われる人もいるかもしれません。

そんな人に一言「解約もめちゃくちゃ簡単です」と言っておきます。

むしろ入会よりも解約のほうが簡単でした。

なんとその時間2分!

そうは言っても不安になるかたもいらっしゃると思いますので解約手順も書いておきますね。

【U-NEXTの解約方法】

1.U-NEXTにログインした状態で左上のメニューを開きます

2.『設定・サポート』と書かれてるところを押します

3.『契約内容の確認・変更』を押して『解約はこちら』を押します

4.そのまま『次へ』を押して『解約する』で解約完了です!

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

何度も言いますが、無料期間中に解約したら一切お金が発生しません。

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『麒麟がくる』を今すぐ観る

ピグピグ
ピグピグ
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は 各公式サイトにてご確認ください。
田中くん
田中くん
大きな声で言えないんですけど、U-NEXTで毎月付与されるポイントを使えば毎月無料でNHKオンデマンドが見れちゃうのでお得ですよ
大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・オススメポイントもご紹介!【1話~全話】このページでは、大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画を無料視聴する方法、あらすじ・ネタバレ、出演者情報などについてご紹介します。 ...
スポンサーリンク
おすすめドラマ記事