FOD

ドラマ『東京ラブストーリー』に出演!石井杏奈さんのプロフィール・経歴・過去の出演ドラマまとめ!

スポンサーリンク

タレントの石井杏奈さんといえば、人気グループである「E-girls」のパフォーマーとして活動しながら女優としての道も切り開いてきたパワフル女子の代表格です。
まだまだ芸能界では若手ですが、すでに映画やドラマでも有名な作品に数多く出演されており、「ダンサー」としても「女優」としても、若い世代の女性達から根強い人気を誇っています。

今もなお飛躍を続ける石井杏奈さんですが、ここまでE-girlsと女優の二足のわらじを履いて活動を続けるためには、相当な努力と根性が必要だったことでしょう。
彼女はどのような経緯を辿って、ここまで駆け抜けてきたのでしょうか。

簡単なプロフィールから、これまで出演したドラマ作品を中心に振り返っていきたいと思います。

東京ラブストーリー(2020年版)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・あらすじ・ネタバレもご紹介!【1話~全話】 ドラマ『東京ラブストーリー』の無料動画フル視聴方法 2020年春からFODで配信される『東京ラブストーリー』は、放送後「FOD...
スポンサーリンク

石井杏奈さんの主なプロフィール

生年月日:1998年7月11日
身長:163cm
血液型:O型
出身地:東京都
事務所:LDH JAPAN
Instagram:https://www.instagram.com/anna_ishii_official/
ダンサーとして体を相当鍛えていることから引き締まった体つきをしているのが特徴と言えます。グラビアなどの仕事はしていません。
性格は明朗活発なイメージに反して意外にも「人見知り」だそうです。周囲のお話によると、非常に気が利く性格のようで、自分が前に出ていくというタイプではなく、周りを支えるサポートタイプではないかと思われます。真面目で謙虚な人柄であればこそ、自分も周囲のサポートをしっかりと受けられたのでしょう。ダンサーと女優を両立させてこられたのも分かる気がします。もちろん根性も相当なものだと思います。

芸能界入りとなったきっかけ

家族については、ご両親は一般人で、兄と弟と妹の4人姉弟という家族構成になっています。なかでも妹の石井稚乃さんはEXILEのHIROさんが手がける「EXPG STUDIO」に所属をされており、E-girlsの妹グループであるBunniesのメンバーとして活躍しています。

趣味はお菓子作りで、今の石井杏奈さんからはちょっと想像がつかないような女子らしいもの。作ったお菓子をスタッフの方々に配っているなどのエピソードもあり、前述した周囲に気配りが出来る性格を物語っています。

趣味と言えばダンスもそうでした。小学校2年生のころからダンスに興味を持ち、ダンスを習い始めます。そして真面目にダンスを継続した努力は見事に実を結び、小学5年生の頃(2006年)に出場したヒップホップダンスの大会でダンス・ボーカルスクールのEXPGの目にとまり、スカウトをされます。これがきっかけとなり、芸能界入りを果たすことになりました。

EXPGとは、あの「EXILE」が設立した芸能事務所である「LDH」が運営するスクールです。当然のことながら、後にE-girlsへと繋がっていく流れとなりますね。

小学5年生から石井杏奈さんの芸能生活がスタートします。最初は雑誌モデルの仕事から始まりました。2006年に新潮社が創刊した『ニコ☆プチ』という小学生向けのファッション雑誌で、中学生向けファッション誌である「ニコラ」の姉妹誌です。この雑誌モデルには、他にも永野芽郁さん、飯豊まりえさん、岡田結実さんなど、今を時めく若手女優の方々も所属していました。

そして2011年、彼女が小学6年生の時に大きな転機が訪れます。

E-girlsへ

Instagram

2011年に所属事務所であるLDHが主催しているオーディション、「VOCAL BATTLE AUDITION 3 ~For Girls~」に参加。
このオーディションは2006年から2013年にかけて全5回に渡って行われたもので、女性を対象にしたオーディションはこの時だけでした。

このオーディションのダンスパフォーマンス部門で見事に合格を勝ち取り、新しいユニットである「Bunnies」へ加入しました。
BunniesはE-girlsグループの下部組織にあたる育成チームとなっており、メンバーはここで実力をつけていき、E-girlsの加入を目指すことになります。

石井杏奈さんにとっては、ここから本格的にダンサーとしての活動が始まり、小学6年生にしてEXILEのサポートダンサーとして活躍します。因みにEXILEの名曲のひとつである「Rising Sun」のMVにも出演しています。

EXILEのHIROさんにより「透明感、キラキラ感があってとても魅力的な子」と評価されていたそうなので、端から見ても分かるほど素質を感じさせる存在だったのでしょう。

そして、2012年、中学1年生でE-girlsに加入します。E-girlsはEXILEの妹分として結成されたガールズダンス&ボーカルグループで、前述したEXPG STUDIOに所属する女性メンバーの中から選び抜かれた精鋭揃い。石井杏奈さんがBunniesに加入してからの期間の短さから、彼女の実力の高さが窺えます。2012年にE-girlsのThird Singleである「Follow Me」よりデビューします。この時Bunnies時代からの親友である山口乃々華さんも共にデビューしました。

E-girlsのメンバーとなり、ダンサーとしても華々しいスタートを切った石井杏奈さんですが、実はE-girlsに加入する半年ほど前に女優としてもデビューを果たしていたのです。
彼女はこれよりE-girlsのダンサーとして、そして女優としても地位を確立していくことになっていきます。

スポンサーリンク

女優デビュー期からの活動

私立バカレア高校(2012年)

Twitter

彼女が女優としてデビューしたのは2012年4月に日本テレビで放送された「私立バカレア高校」という青春学園コメディーのドラマ作品でした。この作品はジャニーズJrとAKB48のグループ共演で話題になった連続ドラマで、原作はあの秋元康さんです。主演は森本慎太郎さんと島崎遥香さんで、どちらもドラマ初主演だったそうです。他にもジャニーズやAKBのメンバーが多数出演されていました。

石井杏奈さんは第1話に女子生徒役で出演しましたが、まだまだ脇役でした。この作品は、同じ2012年の10月に映画化もされており、こちらにも出演しています。

パパドル(2012年)

Twitter

次に出演された作品が私立バカレア高校と同じ2012年4月TBS系列のドラマである「パパドル」です。このドラマは1987年に中山美穂さんが主演のドラマ「ママはアイドル」を原案としたリメイクドラマで、主演は関ジャニの錦戸亮さん、他にも川島海荷さん、優香さん、今井悠貴さんなど。第4話だけの出演でしたが、ダンスが好きな少女の役を見事に演じていました。

GTO(2012年)

Twitter

1話だけの出演が続きましたが、2012年7月にフジテレビ系ドラマで放送された「GTO」ではレギュラーとしての出演を果たしています。
「GTO」とは週刊少年マガジンに連載されていた人気漫画で、元暴走族である高校教師の鬼塚栄吉が、破天荒なやり方で生徒達の様々な問題を解決していくという学園アクション作品です。
1998年に反町隆史さんが主演で初の実写化、そして今回はEXILEのAKIRAさんが主演でリメイクされました。

石井杏奈さんは女子生徒役での出演で、ダンスのシーンももちろんありました。この時、同じクラスメート役で川口春奈さん、本田翼さん、新川優愛さんなども出演しており、今は第一線で活躍する女優さん達とも共演していたようです。

GTOの後は、同年2012年10月に日本テレビで放送された「peace」第1話、2014年1月に同じく日本テレビで放送された「恋文日和」の第4話に出演と、1話出演のみでした。
この時期はE-girlsでの活動と並行して、映画への出演も続いていたため連続ドラマへ出演することは困難だったのでしょう。

出演した映画

だいじょうぶ3組(2013年)

Twitter

まず2013年に公開された、国分太一さん主演の映画である「だいじょうぶ3組」に女子生徒の役で出演しています。
この作品は「五体不満足」という書籍の作者、乙武洋匡が体験をもとに執筆した小説を映画化したもの。
同じ女子生徒役で、上白石萌音さん、平祐奈さん(平愛梨さんの妹)さんと共演しています。

ソロモンの偽証(2015年)

Twitter

そして、2015年3月より公開された話題作である「ソロモンの偽証」前編・後編にも出演しています。
この作品は、作家の宮部みゆきさんによるミステリー小説の巨編を映画化したもので、成島出さんが監督の作品。
作品の概要は、ある中学校で飛び降り自殺をした男子生徒の死の真相を突き止めるため、生徒達が学校で校内裁判を開催するという異色作。

生徒役のオーディションは1万人の中から1年という長い期間を得て選出され、石井杏奈さんも見事に選ばれました。
明るくダンスが得意な生徒を演じそうな石井杏奈さんですが、この作品では顔中がニキビだらけの陰湿な女子生徒を演じます。
物語の鍵を握る重要な役で、繊細な演技が必要とされる難しい役でしたが、監督の成島さんにして「頭で考えた芝居ではない」と評価されたほど見事な演技を披露しました。
他にも生徒役でが主演の藤野涼子さんの他、板垣瑞生さん、清水尋也さん、望月歩さん、富田望生さんなど現在第一線で活躍する方々が大勢出演しています。

この作品では充実した仕事が出来た様子で、インタビューではクランクアップ後の心境を「心にぽっかりと穴が開いたようでした。みんなと泣いたり笑ったりして、切磋琢磨しながら撮影に挑んで。毎日毎日すごい達成感があった」
と語っています。

ガールズステップ(2015年)

Twitter

2015年に公開された「ガールズステップ」では、ついに映画初主演を果たしました。(E-girlsの中でも映画初主演は初めて)この作品は地味で目立たない女子高生達がダンス部を結成し、ダンスや恋や友情に全力で取り組んでいく青春ガールズエンターテインメント。テーマがダンスなだけに、まさに石井杏奈さんに相応しい作品ですね。他にも小芝風花さん、磯村勇斗さん、塚本高史さんが出演されています。

映画に関するインタビューでは「自分が、映画で主演をやりますって言われた時は、実感がわかなかったです。でも、家に帰ってよくよく考えてみると、不安やプレッシャーだったり、責任感だったりっていうのがどんどん湧いてきちゃって」と、驚きが大きかった様子が窺えます。

また「映画やドラマに出ることは、E-girlsを知ってもらうきっかけになる」とも語っており、この頃にはE-girlsの中でも「お芝居担当」というポジションが確立されていたのではないでしょうか。

ダンサーという役どころは石井杏奈さんにぴったりと思われがちですが、本人は「普通に踊ることと、演技で踊ることは別物である」と考えているようです。
ダンスが得意であるからといって、ダンサーの役が上手いというわけではないと、演技に対する厳しさをしっかりと認識しているところ、凄いですよね。

石井杏奈さんは「ソロモンの偽証」と「ガールズ・ステップ」の演技が高く評価され、第58回ブルーリボン賞新人賞を受賞しました。
この結果こそが、彼女が大きく成長した事実を物語っています。

ここからは再びドラマ作品に話を戻していきたいと思います。前述の映画作品出演後も、彼女の活躍は続きます。
2016年以降の出演作を振り返ってみたいと思います。

近年の出演作品について

仰げば尊し(2015年)

Twitter

2016年は7月からTBS系の日曜劇場に放送されたテレビドラマである「仰げば尊し」に出演しています。

主演は寺尾聰さん。1980年代に実在した「神奈川県立野庭高等学校」の吹奏楽部の話を元にした作品で、不良から更生する少年たちが全国大会へ出場し、奇跡的に優勝するという感動作。他にも多部未華子さん、真剣佑さん、矢本悠馬さんなど現在大活躍の若手俳優陣を中心に、石坂浩二さんや升毅さんなどベテラン俳優陣も多数出演しています。

この作品では吹奏楽部の部長役での出演で、今回はダンスではなく楽器(クラリネット)を演奏するという役に挑戦しています。実際に楽器の練習もされたようで、本当に大変だったのではないかと思いますが、持ち前のガッツで見事にやり抜きました。

石井杏奈さんは事前のインタビューで、「2016年の夏を自分の人生の中で一番熱い夏にしたいと気合いも入っています。この作品の想いや情熱を映像を通してたくさんの方に伝え、その方々の背中を押せるようなそんな作品にできるよう、有馬渚として一生懸命、全力で取り組みたいと思います」と意気込みを語っていました。1つ1つの作品に対する情熱を感じさせる一面ですね。

お母さん、娘をやめていいですか?(2017年)

Twitter

2017年1月よりNHK総合で放送されたドラマである「お母さん、娘をやめていいですか?」に出演します。

主演は波瑠さんで、仲が良かった母と娘が一人の男性の存在を通してその関係が徐々に悪化していくというサスペンスドラマでした。波瑠さんの母親役を斉藤由貴さん、父親役を寺脇康文さん、そして親子関係が悪化するきっかけとなる男性の役を柳楽優弥さんが演じます。

この作品で石井杏奈さんは女子高生の役で、英語教師である波瑠さんが担任を受け持つ女子生徒を演じます。
今回は今までの役とは違い、素行不良で教師を困らせる問題児という真逆の役柄でした。

しかし本人はインタビューで「逆に役をすぐつかむことが出来ました。監督に色々指示されながら、ぶっ飛ぼうと思ってやりました。楽しかったです」
と語っています。どんな役にも前向きに挑戦し、きちんと仕事を果たしていく姿勢は本当に素晴らしいですね。

このドラマで、石井杏奈さんは第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の新人賞を受賞しました。

チア☆ダン(2018年)

Twitter

2018年、TBS系列の金曜ドラマで放送された「チア☆ダン」に出演します。

E-girlsでダンサーとしても実力をつけてきた彼女の持ち味が最大限に発揮された作品であり、主演の土屋太鳳さんを凌駕するほどの存在感を見せつけてくれました。

この作品は前述しておりますが、土屋太鳳さんが主演の青春学園ドラマで、出来たばかりの弱小チアリーディング部の女子高生達が「全米制覇」を目指すという物語。
最強のライバルである「JETS」との激闘がクライマックスであり、石井杏奈さんを中心とした出演者達のチアリーディングの演技が素晴らしく、出演者達の努力の成果が現れていました。

もともとは「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」という映画がもとになっており、ドラマではこの映画の9年後が舞台となった事実上の続編という位置づけになります。
2009年3月にアメリカのチアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高等学校の女子高生チアリーダー部の実話を映画化ものでした。

この作品で石井杏奈さんが演じたのは、主人公である土屋太鳳さんが通う高校に転校してきた女子生徒で、チアリーディング部を作ることを提案した人物。
部員を集めた後に、練習でも自らが中心となって皆を引っ張っていく猪突猛進型のリーダーで、ドラマのもうひとりの主役といってもいいくらいの重要な役どころでした。
明朗活発で前向きな役柄は本当に生き生きとしたもので、これまで暗い役も見事にこなしてきましたが、やっぱりこの役こそが彼女らしいと感じさせられました。

因みにこのドラマには、今なお伸び盛りの若手女優陣が多数出演しており、共にチアリーディング部を支える仲間達を演じたのは、佐久間由衣さん、山本舞香さん、朝日奈彩さん、箭内夢菜さん、志田彩良さん、大友花恋さん、堀田真由さん、伊原六花さん、福地桃子さんなど。

伊原六花さんは、80年代のバブリーダンスで話題となった「大阪府立登美丘高等学校」ダンス部の元キャプテンです。
他に主人公の姉役で新木優子さん、第1話には映画の主演を務めた広瀬すずさんもサプライズで出演していました。

このチアダンは、現時点で石井杏奈さんが出演された連続ドラマとしては最後の作品です。

この項ではドラマ作品のみの紹介となりましたが、チアダン出演までの間、映画作品にもいくつか出演しています。

2016年5月に公開された「世界から猫が消えたなら」(主演:佐藤健、宮崎あおい)7月には「四月は君の嘘」(主演:広瀬すず、山崎賢人)
2017年にも4月に公開されたオムニバス形式の映画「ブルーハーツが聴こえる」、5月にEXILEのHIROさんがエグゼクティブプロデューサーを務めた時代劇映画「たたら侍」に出演。

いずれも主演ではありませんでしたが、存在感のある脇役として作品を盛り上げています。脇で主役を支えるというスタイルもまた、彼女の持ち味のひとつだと感じますね。

今後の活動

東京ラブストーリー(2020年)

Twitter

最新のドラマ出演となるのが2020年4月29日からインターネットテレビ配信サービスのFOD(フジテレビオンデマンド)とAmazon prime videoで配信予定のドラマ「東京ラブストーリー」です。1991年と20年以上前にフジテレビで放送された大ヒット作のリメイク盤で、石井杏奈さん本人は出演が決まった時点で原作のドラマを見たことはなかったそうです。

1991年に放送された時の出演者は主演が鈴木保奈美さんと織田裕二さん、他に有森成美さんと江口洋介さんで、こちらの4人が演じる男女の恋愛模様を描くラブストーリーです。柴門ふみさんが原作とあって、なかなか切ない物語でしたね。中高年層の方々は「リカ」と「カンチ」といえば、だいたい分かると思います。

リメイク盤では、伊原健太郎さんが「カンチ」石橋静河さんが「リカ」の役で、そして清原翔さんが江口洋介さんが演じていた三上健一の役で出演されます。
石井杏奈さんが演じるのは、有森成美さんが演じていた関口さとみというもう一人のヒロインで、今回もかなり重要な役どころです。

しかし今回演じる関口さとみという人物は、最終的にヒロインである「リカ」から「カンチ」を奪ってしまうため、作品を見ていた女性達からは相当嫌われてしまいます。
1991年の放送時、この役を演じた有森成美さんは、実際に視聴者である女性達から反感を買ってしまい、リアルで非難の対象になってしまったという現象が起きました。
こういうエピソードを聞くにつけ、本当に役者さんは大変な仕事であるとつくづく思いますね。

石井杏奈さんはインタビューで「台本を読んだ時に素直に関口さとみへの共感が多かったので、実際演じる時もその共感した事を意識しながらお芝居しました。
いろんなシーンがありましたが、学びもあり楽しかったです!」と語っているところ、楽しんで演じることが出来たようです。
アンチヒロインを演じたことで、女優としてまた新しい学びを得たのではないでしょうか。

時代の変化と共に、世の女性達の恋愛観も当然変化しています。現代においてこの「東京ラブストーリー」がどのように受け入れられていくか、石井杏奈さん演じる嫌われ役の関口ひとみにも注目しつつ、見てみたいと思います。

映画での最新出演作は2020年5月に公開予定であった(延期が決定)「砕け散るところを見せてあげる」です。この作品もEXILEのHIROさんがエグゼクティブプロデューサーを務めており、2016年に新潮文庫から刊行された竹崎ゆゆこさんの小説を映画化したもの。

いじめに遭ってしまう下級生の女子生徒を守るために奮闘する高校3年生の男子生徒を描く作品で、男子生徒役を演じるのは中川大志さん、そして石井杏奈さんはこのいじめに遭う女子生徒をを演じ、この2人がダブル主演という形になります。
他にも井ノ脇海さん、北村匠海さん、清原果那さん、松井愛莉さんなどの若手から矢田亜希子さん、原田知世さん、堤真一さんなどのベテランの方々も出演されています。

石井杏奈さんは、この作品で鬼気迫る演技を披露したようで、これまで様々な女子学生役を演じてきましたが、今回の役が一番激しく、狂気的な演技を求められたのではないかと思われます。作品の度に、新しい側面を視聴者に魅せつけてくれるので、本当に今度の成長が大いに期待出来るところです。

石井杏奈さんのプロフィール紹介まとめ

ダンサーとして、女優として、ここまで大きく飛躍を続けてきた彼女にとって大きな転機が訪れました。2019年の12月22日に、石井杏奈さんの所属するE-girlsが2020年末を持って活動が終了することが発表されたのです。石井杏奈さんはInstagramでも解散について自ら以下のコメントをしています。

「2020年をもって、E-girlsが解散します。それぞれが明るい未来に向かって。いろんな感情を教えてくれたE-girls、いろんな人と出会わせてくれたE-girls、最後に11人で終止符を打ちます。2020年のツアーは一人でも多くの方に幸せをお届けできるよう頑張ります。皆さん、これからも宜しくお願い致します」

石井杏奈さんの原点ともいえるE-girlsの活動終了は、「E-girlsに所属する女優」としてではなく、ひとりの女優としての活動の始まりでもあります。
E-girlsでの経験はこれからの彼女の女優としての活動にも充分に生かされていくはずですし、今後はより女優業に専念することで更なる成長を遂げてくれると思います。

彼女はまだ21歳。可能性はまだまだ無限大です。

近年は地上のテレビや映画だけでなく、ネット配信での映像作品も主流になってきており、活動の舞台はますます広がっていくことでしょう。
新しく変化していくメディアの世界の中で、女優という枠にとどまらず、新しいことに次々と挑戦を続けてほしいですね。

コロナウィルスの影響で、E-girls最後の1年が苦しいものになっておりますが、2020年も新しい一面を魅せてくれることを期待しつつ、今後も応援していきたいですね。

東京ラブストーリー(2020年版)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・あらすじ・ネタバレもご紹介!【1話~全話】 ドラマ『東京ラブストーリー』の無料動画フル視聴方法 2020年春からFODで配信される『東京ラブストーリー』は、放送後「FOD...

ドラマ『東京ラブストーリー』(1話~全話)無料でフル動画を観る方法を解説!

ドラマ『東京ラブストーリー』を無料で観たい場合は『こちらのページ』からFODの2週間無料体験に申し込んでください。

あみちゃん
あみちゃん
無料体験する場合はAmazonアカウントで登録しないといけないのでその点だけ注意してください

\FODを2週間無料で楽しむ!/

FODで『東京ラブストーリー』を今すぐ観る

いつでも2分で解約できます

FODの特徴とオススメポイント

FODならメリットがいっぱい!

  • 今なら2週間無料体験!
    ※期間中に解約すれば一切お金はかかりません
    ※Amazonアカウントでの登録が必須です
  • フジテレビ系のドラマが豊富!
  • 人気雑誌の最新号が読み放題!
  • 電子書籍が全作品ポイント還元!
  • 対象の漫画が無料で読める!
  • 8の付く日にポイント大量ゲット!
  • いつでも解約できる!

FODの入会方法

FODの入会登録は難しいって思っていませんか?

実はめちゃくちゃ簡単なんです!

管理人が試したところ4分で登録が終わっちゃいました。

【FODの入会方法(無料体験をするためAmazon Payでの入会方法です)】

1.『こちらのページ』からFODのページを開きます

2.『Amazon Payで今すぐ 無料お試し』のボタンを押します

3.Amazonアカウントでログインする画面が出ますのでAmazonのIDとパスワードでログインします

4.その後『確認画面へ進む』を押し、『お支払いにAmazon Payを利用する』にチェックをつけ『購入確定』を押せば完了です

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

管理人も入るまでは「面倒くさいなぁ」って思っていましたが、やってみたら誰でもできるくらい簡単でした。

試しにもうすぐ65歳になる母親にやらせてみても出来ましたよ!
※母がどうしてもFODオリジナルドラマを見たいと言い出したので自分でやらせてみました

FODの解約方法

「『解約方法』を面倒臭くさせて、解約できない作戦なんじゃないの?」と疑われる人もいるかもしれません。

そんな人に一言「解約もめちゃくちゃ簡単です」と言っておきます。

むしろ入会よりも解約のほうが簡単でした。

なんとその時間2分!

そうは言っても不安になるかたもいらっしゃると思いますので解約手順も書いておきますね。

【FODの解約方法】

1.FODにログインした状態で右上のメニューを開きます

2.『月額コースの確認・解約』と書かれてるところを押します

3.『この月額コースを解約する』を押して、画面下の『解約する』を押します

4.以上で解約完了です!

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

出てくるページでタップ(押す)を何度かするだけですので入会より簡単でした!

何度も言いますが、無料期間中に解約したら一切お金が発生しません。

もちろん、解約したら動画を観ることができなくなりますので、1ヶ月ギリギリまで楽しんだほうがお得です。

\FODを2週間無料で楽しむ!/

FODで『東京ラブストーリー』を今すぐ観る

東京ラブストーリー(2020年版)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・あらすじ・ネタバレもご紹介!【1話~全話】 ドラマ『東京ラブストーリー』の無料動画フル視聴方法 2020年春からFODで配信される『東京ラブストーリー』は、放送後「FOD...
ピグピグ
ピグピグ
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は 各公式サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク