俳優・役者

☆ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』に主演!玉木宏さんのプロフィール・経歴・過去の出演ドラマまとめ!

スポンサーリンク

玉木宏さんと言えば身長180㎝の高身長と美しい顔立ちのイケメン俳優さんです。ドラマや映画で見かけることもよくあり、きれいな声も魅力的な役者さんですね。
今年40歳になられる玉木さんは、これまでにも多くの作品で活躍されてきました。そしてその活躍のベースには苦労した下積み時代も存在するようです。ここではそんな玉木宏さんがデビューから出演してきたたくさんの作品、そしてこれからの出演作についても紹介します。

【1話~全話】竜の道 二つの顔の復讐者(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴 │玉木宏・高橋一生 ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の無料動画フル視聴方法 2020年4月からフジテレビ系列で配信される『竜の道 二つの顔の復讐者』...
スポンサーリンク

玉木宏さんのプロフィール

生年月日:1980年1月14日
身長:180cm
血液型:A型
出身地:愛知県
特技:水泳
趣味:カメラ
事務所:アオイコーポレーション
Instagram:https://www.instagram.com/hiroshitamaki_official/

スカウトからの出発

玉木さんは中学3年生の頃に自らオーディションを受けています。しかしこの時は夢叶わずで終わってしまいました。
しかし、高校生になった玉木さんは16歳の時に地元名古屋で、現在の事務所の社長でもある葵てるよしさんにスカウトされました。
そのあと高校を卒業後、上京したそうです。社長から直々にスカウトを受けるなんて、やはりどこか光るものを持っていたということでしょう。上京後の1998年、ドラマ『せつない』で俳優デビューを果たしました。

俳優デビュー後の生活

こころ(2003年)

Twitter

いくら光るものを持ってスカウトされデビューしたといっても、誰でもすぐに注目されるというわけではないのでしょう。『せつない』でデビューした後も、玉木さんはアルバイトをしながらオーディションを受けて役をもらうという生活が基本だったようです。
レストランやコンビニ、引っ越し屋のアルバイトを経験したといいます。コンビニは3社を掛け持ちしていたこともあるそうです。あんなカッコイイ人が店員として立っているなんてなんだか想像がつきませんね。
2003年に放送された連続テレビ小説『こころ』への出演をきっかけにアルバイトをする生活は終了しました。下積み時代には1998年に放送されたドラマ『GTO』などの人気作へも出演されていたことがあります。

スポンサーリンク

玉木宏さんが注目された作品

ウォーターボーイズ(2001年)

Twitter

玉木さんが最初に世間から注目を浴びる事となったのは、2001年に公開された映画『ウォーターボーイズ』への出演がきっかけでした。作品の中でアフロヘアや坊主姿という髪型を披露しています。この作品はヒットを記録し、玉木さんは同じ役で2003年に放送されたドラマ版『ウォーターボーイズ』へも友情出演されました。
そして、さらに幅広い世代から注目されることとなったが、2003年の朝ドラ『こころ』への出演です。その後は2004年に月9ドラマ『愛し君へ』などへも出演をすることとなりました。

のだめカンタービレ(2006年)

Twitter

同じく月9ドラマとして2006年に放送されたドラマ『のだめカンタービレ』では上野樹里さんと一緒に主演を務め、大ヒットを記録します。ドラマの中で演じたイケメンエリート音大生・千秋真一こと、“千秋センパイ”は玉木宏さんにとってハマり役だったと言えるでしょう。玉木さんはこの作品で2007年エランドール賞新人賞を受賞しています。2006年は『のだめカンタービレ』以外にもNHK土曜ドラマ『氷壁』で連続ドラマ初主演、映画『ただ、君を愛してる』での主演など、玉木さんにとって飛躍となった年と言えるでしょう。

玉木宏さんは声もイケメン

マダガスカル(2004年)

Twitter

玉木さんは整った顔立ちでイケメン俳優と言われる俳優さんですが、顔だけでなく、声もとても素敵な方です。
そのイケメンボイスは映画の吹き替えやナレーターでも重宝されることとなりました。2004年に公開された映画『マダガスカル』では主人公のアレックスの吹き替えを担当されました。2009年の『マダガスカル2』そして2012年の『マダガスカル3』でも同じ役で吹き替えを担当されています。

ジュラシックワールド(2015年)

Twitter

また、2015年には大ヒット映画『ジュラシックワールド』でも主人公・オーウェン・グレンディの役の吹き替えを担当されています。2018年にも『ジュラシックワールド/炎の王国』で、同じオーウェンの吹き替えを担当されました。そして2017年から約1年間、BSジャパンで放送された『路地裏遺産』ではナレーターを担当されていました。

時代劇から外国語映画まで幅広く活躍

スパイラル~町工場の奇跡~(2019年)

玉木宏さんは2018年には映画『ラプラスの魔女』へ出演、2019年にはドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』で主演を務め、映画『空母いぶき』へも出演されました。たくさんのドラマや映画で活躍をされていますが、そのジャンルは多岐にわたります。どんな役にも柔軟に対応できるので、現代ドラマだけではなく、時代劇への出演も多いようです。2006年に初出演を果たしたNHK大河ドラマでは『功名が辻』で山内康豊を演じ、2008年には『篤姫』で坂本龍馬、そして2012年には『平清盛』で源義朝を演じました。

敵は本能寺にあり(2007年)

Twitter

その他にも時代劇への出演は多く、2007年にはドラマ『敵は本能寺にあり』で織田信長を演じ、2014年のNHK正月時代劇『桜ほうさら』へも主演として出演されました。特別出演ではありますが、2010年の映画『大奥』へも出演されています。さらに玉木さんは外国語映画へも出演をされています。2014年に公開された中国映画『曹操暗殺 三国志外伝』では小説上の架空人物ですが、物語の中で主要人物となる穆順という役を演じました。幅広く活躍を見せてくれる玉木さんは2020年にも出演作が決定しています。

竜の道 二つの顔の復讐者(2020年)

2020年4月からはドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』で主演が決定しています。そして、映画では2020年5月に公開予定の『HOKUSAI』へ喜多川歌麿役で出演が予定されています。楽しみですね。

玉木宏さんのプロフィール紹介まとめ

玉木宏さんは事務所の社長直々のスカウトから芸能界へ入ったことがわかりました。今では大人気俳優である玉木さんにもアルバイトで食べていく時代があったというのは少しびっくりしてしまいます。
しかし、そんな下積み時代があったからこそ現在の素晴らしい活躍があるのでしょう。苦労を経験して必死になって手に入れたからこそきっとぶれない気持ちで一生懸命に仕事へ取り組むことができ、どんな役柄も精一杯表現することができているのだと思います。そしてそんな玉木さんの演技だからこそ私たちも作品に感動できるのでしょう。玉木さんは2020年にも出演作が決まっており、これからもまだまだたくさんの活躍を続けていくことが期待できます。これからも玉木さんの活躍が楽しみです。

【1話~全話】竜の道 二つの顔の復讐者(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴 │玉木宏・高橋一生 ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の無料動画フル視聴方法 2020年4月からフジテレビ系列で配信される『竜の道 二つの顔の復讐者』...
スポンサーリンク