俳優・役者

☆ドラマ『M 愛すべき人がいて』に主演!三浦翔平さんのプロフィール・経歴・過去の出演ドラマまとめ!

スポンサーリンク

若手の時期は通り過ぎたけれど、ベテラン俳優というまではまだ年齢的にも若い。そんな俳優さんの一人に三浦翔平さんがいます。
30歳を超えたばかりの三浦さんはすでに多くの出演作がありますが、これからさらなる期待がかかる俳優さんです。今までの俳優活動の中にもすでに評価が高いものがいくつもあり、ドラマや映画などでも見かけることが多くなってきました。ここではそんな三浦翔平さんを、出演されている作品とともに紹介していきます。

【1話~全話】M 愛すべき人がいて(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴 │安斉かれん・三浦翔平ドラマ『M 愛すべき人がいて』の無料動画フル視聴方法 2020年4月からテレビ朝日で放送される『M 愛すべき人がいて』は、放送後Abe...
スポンサーリンク

三浦翔平さんのプロフィール

生年月日:1988年6月3日
身長:181cm
血液型:A型
出身地:東京都
事務所:バーニングプロダクション
Instagram:shohei.63

モデルからのスタート


三浦さんは一度高校を中退し、再入学をしています。その学費はご両親が払ってくれており、そのお金を早く返したいと思いアルバイトをしていたそうです。
その時にエキストラの仕事も経験されたといいます。そして、そのエキストラ時代に知り合った方が「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に三浦さんを勝手に応募して、その結果「理想の恋人賞」と「フォトジェニック賞」を受賞することとなりました。
エキストラの仕事をしていなかったらこのスタートもなかったということになるので、小さなエキストラのアルバイトがその後の俳優人生の大きなきっかけになったともいえるでしょう。

イケメン枠の看板役者

ごくせん第3シリーズ(2008年)


彼のデビュー作となったのは2008年に放送されたドラマ『ごくせん第3シリーズ』です。
このドラマシリーズでは毎回多くのイケメン俳優と呼ばれる方たちが出演されています。三浦翔平さんはメイン生徒である神谷俊介を演じました。
そして、この作品では三浦春馬さんと共演されており、バイト感覚で出演したという三浦翔平さんは彼の演技力に圧倒されたそうです。
そこから演技へ真剣に取り組む姿勢が芽生え、三浦さんの見栄えが良いルックスは多くのドラマでも引っ張りだことなっていったのです。 

スポンサーリンク

演技力の評価

タンブリング(2010年)

THE LAST MESSAGE 海猿(2010年)


三浦翔平さんはドラマ『ごくせん第3シリーズ』への出演以降、2008年には『恋空』、『ギラギラ』、2010年には『タンブリング』と連続してドラマへと出演していきます。
そして、2010年に公開された映画『THE LAST MESSAGE 海猿』で服部拓也役として出演し、その演技が素晴らしいと話題となりました。この出演で三浦さんは「第34回日本アカデミー賞新人賞」を受賞しています。

花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011(2011年)

ハングリー!(2012年)

2011年には『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』、2012年には『ハングリー!』など、さらに出演を増やしていきます。

人気女優との結婚が話題に

ダメな私に恋してください(2016年)


その後も2016年放送のドラマ『ダメな私に恋してください』に出演をし、深田恭子さん演じる柴田ミチコの年下の彼氏・最上大地を演じ、ドラマの中で見せた泣き顔は女性たちから大きな反響を得るなど活躍が続いていきました。

好きな人がいること(2016年)


安定した活躍を見せる三浦翔平さんは、2016年に放送されたドラマ『好きな人がいること』で女優・桐谷美玲さんと共演されました。
この共演がきっかけとなり、2018年に二人は結婚をされています。人気俳優同士であり、美男美女同士でもある二人の結婚は当時大きな話題になりました。

まだまだ成長を続けていく役者

奪い愛、冬(2017年)


モデルから始まり、イケメン俳優の代表格として活躍する三浦翔平さんは、役の幅をどんどん広げていっています。
2017年に放送されたドラマ『奪い愛、冬』では愛する人を奪われ嫉妬に壊れていく姿が恐怖を感じるほどで、その演技力がすごいと話題になりました。

僕たちがやりました(2017年)


2017年に放送されたドラマ『僕たちがやりました』ではクールで非情な刑事の役をこなしています。

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子(2018年)


2018年にはドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子』にも出演し、人懐っこくどこか憎めない男・茅野明を演じました。

教場(2020年)

2020年1月に2夜連続で放送されたドラマ『教場』では元プロボクサーの学生・日下部准を演じています。だんだんと役柄を増やしていき、どんどん演技の幅を広げていっていると感じます。2020年4月には『M 愛すべき人がいて』に安斉かれんさんとW主演のマサ役で出演が決まっています。大きな話題となった浜崎あゆみさんの実話に基づく小説が原作のドラマです。

三浦翔平さんのプロフィール紹介まとめ

三浦翔平さんのイメージというと、やはり“カッコイイ”という容姿に対する言葉がまず出てくると思います。実際にドラマの感想にも三浦さんがカッコよかったという声がとても多いのです。もちろんカッコイイというのはその通りなのですが、それに加えて表現力のある役者としてのイメージが高まってきていると思います。
『ごくせん』から始まったイケメンポジションから役のふり幅はどんどん広がり、現在では色々な役を務めています。そんな三浦さんはまだまだこれからも活躍を広げるでしょう。そして誰もが認める演技派俳優として名前が挙がる俳優へと成長していくのではないかと思います。これからも三浦翔平さんの活躍が楽しみです。

【1話~全話】M 愛すべき人がいて(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴 │安斉かれん・三浦翔平ドラマ『M 愛すべき人がいて』の無料動画フル視聴方法 2020年4月からテレビ朝日で放送される『M 愛すべき人がいて』は、放送後Abe...
スポンサーリンク