U-NEXT

ドラマ『探偵・由利麟太郎』2話の見逃し配信フル動画の無料視聴方法はこちら!キャスト・ネタバレ・感想・次回考察をご紹介!

スポンサーリンク

2020年6月23日(火)に放送された第2話(6.3%)の簡単なあらすじや感想、展開予想などをまとめてみました。
第2話は、元警視庁捜査一課長だった由利麟太郎(吉川晃司)と助手の三津木俊助(志尊淳)が、祇園のホステスを巡る難事件を暴きます。

ドードーくん
ドードーくん
ドラマ『探偵・由利麟太郎』無料でフル動画を観る方法だヨ!
あみちゃん
あみちゃん
すぐに観たい人のために結論から言うと『探偵・由利麟太郎』は『U-NEXT』に入れば無料でみれちゃいます!

U-NEXT』は『見放題作品数No.1』で、無料期間中でもレンタルに使えるポイントを600ポイント貰えます。

もちろん31日間以内に解約すれば完全無料です!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『探偵・由利麟太郎』を今すぐ観る

探偵・由利麟太郎(ドラマ)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・感想もご紹介!【1話~全話】 ドラマ『探偵・由利麟太郎』の1話~最終回まで無料見逃し動画の配信先 2020年春ドラマ『探偵・由利麟太郎』のテレビ放送を見...
スポンサーリンク

『探偵・由利麟太郎』2話キャスト/脚本

由利麟太郎:吉川晃司
三津木俊助:志尊淳

等々力警部:田辺誠一
波田聡美:どんぐり
山岸克平:木本武宏

第2話ゲスト
吉岡エマ:水上京香
五月翔太:赤楚衛二
神崎美沙子:柳ゆり菜
井出圭一:尾上寛之
井出江南:入江毅
小松四郎:西尾塁
ジョン・ドウ:クリス・ホドル
梶原絹江:山口香緒里

脚本:小林弘利

『探偵・由利麟太郎』2話のあらすじ・ネタバレ

公式サイトのあらすじ
祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろ得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。
その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。
真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。やはりエマの幻覚だったのか——。そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される……!
公式サイト』より

40代・女性・彼方さんのあらすじ・ネタバレ

祇園のクラブでホステスをしている女・エマ(水上京香)は最近、妙な黒い影の男に付きまとわれ、恐れを抱いていた。黒い男には目も鼻も口もない。突如として現れてはエマを怖がらせていく。夢でも恐ろしい夢を見るために、もはや今いる場所が夢なのか現実なのか分からず、心身ともに疲れはてていた。
それでも生活をするためにクラブにでるしかない。しかしクラブ仲間の美沙子(柳ゆり菜)からはライバル視され酷い扱いをうける。何故なら美沙子の男だった・五月翔太(赤楚衛二)がエマの方になびいたからだ。それだけでなく、五月はエマの借金を肩代わりするほどの力のいれようだ。
それ故に面白く思わない美沙子はエマに会うたびに突っかかるのだった。そんなエマを見かねて、スナックのママが映画のオーディションに行ってはどうか?と提案する。女優志望だったエマはママの提案にのるのだ。
後日オーディションのために迎えに来てくれた車の運転手は、しばらく走らせるとエマに目隠しするようにと告げる。そして、たどり着いた洋館でエマは美沙子の死体を発見するのだ!

50代・女性・oniさんのあらすじ・ネタバレ

クラブのホステスのエマ(水上京香)は、日々幻覚を見ることで精神的にまっていた。同僚の美沙子(柳ゆり菜)は、そんなエマに酷い態度を取っていたため、エマの恋人の五月翔太(赤楚衛二)は、美沙子に対して不満を持っていた。
ママからの紹介で、映画のオーディションを受けたエマは、その現場で美沙子の遺体を見たが、現実なのか幻覚なのかはっきりわからなかった。
三津木俊助(志尊淳)の知り合いの井出圭一(尾上寛之)と同じマンショに住んでいたエマは、マンション前で放心状態でいるときに、井出から声をかけられてことがきっかけで、死体を見た事を相談した。
連絡を受けた由利麟太郎(吉川晃司)も同席し、井出の部屋で話しを聞いた。由利麟太郎は井出の部屋で井出の父親・江南(入江毅)の本を見つけていた。現場にいったが何事も起こっていなかった。由利麟太郎は、犯人の思考を考え、推理をしていった。結果、井出の犯行だと突き止めた。井出は,エマの自宅に侵入し、色んな仕掛けをし薬を混入させたようで、エマの幻覚も井出の仕業だった。

50代・男性・ヨウスケさんのあらすじ・ネタバレ

祇園のクラブのホステス・吉岡エマ(水上京香)の借金を返す為に危ない薬物取引の仕事をしていた五月翔太(赤楚衛二)は、エマを家まで連れて帰り、また仕事へと出かけて行った。
一人残ったエマは黒い影の手に惑わされながら、蜥蜴のタトゥーが入ったホステス・神崎美沙子(柳ゆり菜)の左腕の幻覚を見てしまい驚くのだった。
その後、クラブのマダムシルクで働いていたエマは、神崎美沙子が血まみれの姿に見え怯えると、美沙子は怒って帰ってしまう。そんなエマを心配したクラブのママの梶原絹江(山口香緒里)は、女優志望のエマにドラマのオーディションを紹介する。イギリス人の男性に洋館へと連れていかれたエマは、美沙子の左腕とバスタブに入った彼女の死体を見てしまうのだった。
その後、店の常連客の井出圭一(尾上寛之)とミステリー同好会の仲間だった三津木俊助(志尊淳)に声をかけられ、幻覚の話をすると、俊助は探偵の由利麟太郎(吉川晃司)に判断を委ねる事にした。
死体を見たという洋館を見つけだした由利達だったが死体は見つからなかった。しかし程なくして洋館から美沙子の死体が発見された。
京都府警の等々力警部(田辺誠一)がエマや関係者達の取り調べをしたが、真相に繋がる証言は見つからなかった。そんな中で、現場に残された足跡とエマが自分が殺したかもしれないと証言した事を等々力から聞いた由利は、的は捉えたと答える。
五月がエマと逃げたがはぐれた二人。その後、五月は洋館で死体で発見され、エマは井出レンズ9番倉庫で井出に捕まっていた。魔の家という映画を作った井出江南(入江毅)の息子だった井出圭一が、父親の映画を再現する為に今回の幻覚騒ぎを起こし、美沙子を殺害した事を倉庫で井出から確かめた由利と俊助は、井出を捕まえ現場に捕らわれていたエマと絹江を救いだし事件は解決したのだった。

40代・男性・鈴木ですさんのあらすじ・ネタバレ

祇園のクラブに勤めるホステスの吉岡エマ(水上京香)は、不気味な幻をみるようになって精神は不安定になり恋人の五月翔太(赤楚衛二)への依存度が高くなってしまいます。そんな吉岡に対して恋人の元恋人で同僚のホステス・神崎美沙子(柳ゆり菜)は冷たく当たっていました。
そんなある日吉岡の元へドラマのオーディションを受けないかという誘いがあり、吉岡は女優になる第一歩だと思ってオーディションを受けました。しかし移動中は目隠しをされ、着いた場所には神崎の死体がありました。気を失った吉岡が目覚めると、そこは街中。
そして知り合いの俊助(志尊淳)に会って事情を話します。俊助から由利麟太郎(吉川晃司)へ連絡が行き、こうして由利達は吉岡が連れていかれた場所を突き止め、現場へと乗り込みました。
しかしそこには神崎の死体はなくおかしな点はありません。何だったのだろう?と思っていると翌日その屋敷で神崎の死体が発見され、由利達は事情聴取を受ける事に。
吉岡の彼氏であり被害者神崎の元彼氏でもある五月は犯人だと疑われてしまい、警察から逃げます。五月は吉岡と合流して逃げますが、真犯人・井出圭一(尾上寛之)の手によって五月は殺害。吉岡も殺害されそうになるところへ由利が到着し、井出の動機等の事件のあらましが語られていきます。

40代・男性・日本上り坂の井戸さんのあらすじ・ネタバレ

祇園のクラブ・マダムシルク、そこで働くホステス・吉岡エマ(水上京香)。彼女の苦しみは、サブタイトルに現れてる通り、「憑かれた女」。悪夢にうなされ、謎の黒い人影に怯えている。仕事中にも幻影が襲い、どんな時も精神が落ち着かず…。
こんな時、頼りになるのが、元警視庁捜査一課課長の探偵・由利麟太郎(吉川晃司)。犯人の足は⁉︎。文字通り、由利の足跡トレース術で。ロッキー山脈の猟師から伝授されたという技は、今回も、容疑者を絞り込んだ。
エマのファンだったらしい、井手圭一(尾上寛之)は同じマンションに住み、様子を伺っていた…。その父が描いたミステリー映画の幻影を追いかけながら。記憶力抜群の由利麟太郎ですら、見た事があるような…という塩梅の映画「魔の家」。これは、井手の父親・江南(入江毅)が制作したもの。幼き時に、この映画の撮影現場を見学した圭一は、映画の現実化を企てていたのだった。
かろうじて、エマを救出し、犯人を取り抑える由利と助手の三津木俊助(志尊淳)。犯人の狂気は、気に入った女性への愛の変形だったのか⁉︎。

『探偵・由利麟太郎』2話の感想

Twitter

40代・女性・彼方さんの感想

映画のリメイクをしようとする殺人者の物語なだけに、映画っぽい演出が多くあり、カメラワークにもう少し手を加えたら、さらにハラハラするシーン満載になっただろうなぁと感じました。井出圭一(尾上寛之)の中に育ったのは映画魂ではなく、狂気だったというのが、なんとも物悲しい。
父親・井出江南(入江毅)による跡取りとしての過剰な期待に負けて、せめて父親の趣味だったホラー映画をとり、父よりも自分の方が優れた部分があるのだと見せつけたいという気持ちが増幅しすぎたことにより、由利麟太郎(吉川晃司)のいうところの「悪夢」から抜け出せなくなったというオチには、家族間の闇を見たような気がしました。
俊助(志尊淳)ではないですが、期待するような親でない方が子供にとっては生きやすいかもと思いました。

50代・女性・oniさんの感想

井出圭一(尾上寛之)が犯人だったけど、三津木俊助(志尊淳)の知り合いで仲よさそうでしたが、三津木俊助といるときの井出はとてもいい人な感じだったのでとても驚きました。
井出の父親・江南(入江毅)が、井出が幼い頃、映画撮影を見せたことがトラウマになっていて今回の事件を考えたようで、トラウマの恐ろしさを感じました。井出の父親も、息子の事を全く認めず子供扱いしているところも問題かなと思いました。
由利麟太郎(吉川晃司)が、井出の自宅で井出の父親の本を見つけたときに、犯人は井出と感じたんじゃないかなと思いました。由利麟太郎の凄さを感じました。

50代・男性・ヨウスケさんの感想

吉岡エマ(水上京香)に黒い影の幻覚や美沙子(柳ゆり菜)の左腕の幻覚を見せる為に薬を使っていた事や、美沙子を殺したり、絹江(山口香緒里)までチェーンソーで腕を切り落とそうとしたりと、井出圭一(尾上寛之)が父親の映画から子供の時に強い影響を受けた今回の真相に、正直、不気味な印象を受けましたが、それらをことごとく推理して解決へと導いた探偵の由利麟太郎(吉川晃司)に、心底凄いなァと感じました。的は捉えた、という由利の決め台詞や、車内での事件の真相を語る場面等のお決まりのシーンも見られ、主人公が際立つドラマの内容に最後まで楽しく見られました。

40代・男性・鈴木ですさんの感想

吉岡エマ(水上京香)の精神がヤバイですね。まあ真犯人・井出圭一(尾上寛之)にそういう仕掛けをされていたのですから仕方ないと感じるものの、男性依存が酷すぎでしょう。
目隠しされていた時の手掛かりを話す時も、目があった!人がこっちをみていた!と支離滅裂な証言をしますし。いくら動揺しているとはいえ、幼児みたいでした。
それにクラブのママも、あんな吉岡にオーディションを受けるように勧めるとか、正直ないですね。まずはメンタルケアが先決でしょう。オーディションの前に心療内科で診察を受けるように勧めましょうよ。
ただ彼氏の五月翔太(赤楚衛二)は可哀そうでした。五月は吉岡の彼氏として頑張っていましたし、まさか殺される事になるとは。まあ吉岡に好意を寄せる井出からすると殺意を抱く程憎かったのでしょうけど、可哀そうでしたね。話全体としては井出の行動や動機にちょっと無理があるかなと思いましたけど、面白く観れました。

40代・男性・日本上り坂の井戸さんの感想

あまりに、悪質な殺人鬼に出くわしてしまった、探偵・由利麟太郎(吉川晃司)。警視庁を退いて、今や、京都で楽隠居のニュアンスもある白髪の紳士。もっと、仕事をしろ、という要請もあるかもしれないほど、今回の犯人の残忍さは、脅威。
ならば、どうしてくれようというのか⁉︎、マイペースなダンディは、自分のペースを崩してくれそうにない。しかし、毎回、京都で凶悪事件が起き続けるようだと…。そんな、文化的平和的痛みを感じさせる事件だったんじゃないですか⁉︎。犯人が持ち出したチェーンソーはホラー映画のようだったし。

スポンサーリンク

『探偵・由利麟太郎』の見どころ・オススメポイント

Twitter

40代・女性・彼方さんの見どころ・オススメポイント

第二話のおすすめポイントは、エマ(水上京香)が恐ろしいものを見るたびに悲鳴をあげる姿ですね!何回も叫び声をあげたり、恐れおののく姿が出てくるのですが、毎回本気で怖がっているのが伝わってくる名演技です。
何回も叫ぶシーンがあったり、逃げまどうシーンがあると普通ならばウソ臭さが出るものなんですが、エマ役の水上京香さんの演技が上手いためウソ臭さがでていません!

50代・女性・oniさんの見どころ・オススメポイント

エマ(水上京香)のまわりでおこる幻覚シーンがとても怖く見どころの一つだと思いました。由利麟太郎(吉川晃司)が、頼まれてバラの花束を持ち帰っていたけど、あんなに赤いバラの花束が似合う人ってなかなかいないと思いました。骨董品屋の女主人も受け取って時は嬉しかっただろうと思いました。
どんぐりさんが、由利麟太郎にオムライスを持ってきてたけど、由利麟太郎がケチャップでニコちゃんを書いていたところも見どころだと思います。

50代・男性・ヨウスケさんの見どころ・オススメポイント

吉岡エマ(水上京香)が黒い影の男や美沙子(柳ゆり菜)の左腕や死体等の幻覚を見てしまうシーンがオカルトチックで、こういったジャンルが好きな人にはオススメだと思います。そんな幻覚の正体を由利麟太郎(吉川晃司)が解いていく推理シーンも由利の凄さを感じられる見どころだと思いました。

40代・男性・鈴木ですさんの見どころ・オススメポイント

今回の被害者・吉岡エマ(水上京香)の錯乱っぷりが見事でした。私は吉岡にイラっときたわけですけど、それだけ吉岡の演技が上手く出来ていたというわけですから。幻をみる度に弱っていく、そして彼氏への依存度が高まって不安定になっていく吉岡を見事演じ切った女優・水上京香さんが見事でした。

40代・男性・日本上り坂の井戸さんの見どころ・オススメポイント

見どころ・オススメポイントは、犯人・井手圭一(尾上寛之)。犯人が犯行を隠し、人を騙す術は、レベルが高いんだよ!と、助手三津木俊助(志尊淳)へのメッセージを探偵・由利麟太郎(吉川晃司)が出したというところですね。
花屋で花を購入するダンディ由利。それを見た助手の三津木俊助が、うふふ…と。すかさず、由利は、君はミステリー作家志望じゃなかったのか⁉︎と。由利宅の大家の女性が恋をしているらしいと、視聴者は知らされます。ううーん、深い。

『探偵・由利麟太郎』の次回考察

40代・女性・彼方さんの次回考察

次回は由利麟太郎(吉川晃司)の助手・俊助(志尊淳)が殺人容疑で逮捕されてしまうようですね。たまたま誘われたパーティーに参加し、ピンヒールの持ち主を探していただけで「殺人容疑」をかけられてしまうとは(笑)
如何にもおっとりした俊助らしいですが、それでも由利麟太郎にとっては愛弟子なので、俊助にかかってしまった殺人容疑をはらすべく立ち上がってくれそう。
パーティーで香水の瓶をもっていたピエロが怪しい人物のようですが、ピエロが誰なのかと追ううちに、由利麟太郎が刑事を辞めることになった原因(事件)とも繋がっていき、探偵・由利麟太郎ではなく元刑事としての血が騒ぎそうですね。
また、俊助が助手としていないので、等々力とタッグを組むことになるようですが「やはり、俊助の方が良い。」だなんてボソリと呟く言葉が聞けるかも?と期待しています。

50代・女性・oniさんの次回考察

仮装パーティーで女性の殺人事件が起こりますが、参加していた三津木俊助(志尊淳)が重要参考人として逮捕されてしまうようです。捕まっていても留置所のなかでも、事件について整理している三津木俊助の几帳面さがわかると思います。
由利麟太郎(吉川晃司)も三津木俊助が捕まったことを知り、三津木俊助の無罪を証明するため、事件の解明に翻弄すると思います。その際、古い懐中時計を見つけて、昔、警視庁捜査一課長だったころの事件を思い出すんじゃないかと思います。由利麟太郎の過去が少しわるんじゃないかと期待しています。

50代・男性・ヨウスケさんの次回考察

ある仮装パーティーで、ピンヒールを履いた女性が殺される事件が起きる。そこにミステリー小説の参考にと参加していた助手の三津木俊助(志尊淳)に殺人の容疑がかかり、京都府警に逮捕されてしまう。
それを聞き、俊助に面会した探偵の由利麟太郎(吉川晃司)は、彼から聞いたヒントから真犯人探しを始めた。そこで優美(村川絵梨)というピンヒールを履いた女性がピエロの姿をした人物に殺されかける場面に出くわし、ピエロは逃がしたが俊助の容疑は晴れ釈放された。その後、由利はピエロの正体へ、卓越した推理から近づいていくのだった。という展開を予想しています。

40代・男性・鈴木ですさんの次回考察

次回は今まで由利麟太郎(吉川晃司)の弟子として活躍していた俊助(志尊淳)が事件の容疑者となってしまうので、今までとは違った展開が期待出来そうですね。
これまで細々した事は俊助がしていたと思うのですが、そういったサポートを由利は受けられません。そんな状態でも事件の真相を暴かないと俊助の容疑が晴れないわけですから、由利なりに頑張るはず。
いつもより大変な状況でどのように事件を解決していくのか。ここが見どころだと思いますね。また犯人であるピエロの動向も気になります。

40代・男性・日本上り坂の井戸さんの次回考察

次回、第3話は、「殺しのピンヒール」。案の定、助手の三津木俊助(志尊淳)が犯人の罠にはまり、濡れ衣で逮捕されてしまう。やはり、明らかに、由利麟太郎(吉川晃司)が狙われている。
犯人からすると、ニヒルな楽隠居気取りの由利が生意気に見えてしまうんでしょうか。すると、助手の三津木俊助から先に血祭りにあげてしまおうとすることも、大いに…。「彼が隣りにいないのが、妙な感じだ」と由利麟太郎。早くも、なぜ、由利がニヒリズム的に暮らしているのか、明らかになるのかも。

探偵・由利麟太郎(ドラマ)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・感想もご紹介!【1話~全話】 ドラマ『探偵・由利麟太郎』の1話~最終回まで無料見逃し動画の配信先 2020年春ドラマ『探偵・由利麟太郎』のテレビ放送を見...

ドラマ『探偵・由利麟太郎』(1話~全話)無料でフル動画を観る方法を解説!

ドラマ『探偵・由利麟太郎』を無料で観たい場合は『こちらのページ』からU-NEXTの31日間無料体験に申し込んでください。

もちろん、無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません。安心してお楽しみください。

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『探偵・由利麟太郎』を今すぐ観る

U-NEXTの特徴とオススメポイント

U-NEXTならメリットがいっぱい!

  • 今なら31日間無料体験!
    ※期間中に解約すれば一切お金はかかりません
  • 見放題作品数No.1
    →動画見放題14万本!
    →動画レンタル3万本!
    →書籍・漫画・ラノベ合計52万冊以上!
    →雑誌読み放題70誌以上!
  • 毎月1,200ポイントもらえる!
    (最新映画2本分)
    ※無料期間でも600ポイントもらえる
  • 無料でアカウントが4つ使えるので家族みんなで楽しめる
  • スマホやタブレットに映画やアニメをダウンロード!
  • 高品質の音と映像
  • テレビやパソコン、スマホ・タブレット・ゲーム機で楽しめる!
  • いつでも解約できる!

U-NEXTの入会方法

U-NEXTの入会登録は難しいって思っていませんか?

実はめちゃくちゃ簡単なんです!

管理人が試したところ3分で登録が終わっちゃいました。

【U-NEXTの入会方法】

1.『こちらのページ』からU-NEXTのページを開きます

2.『まずは31日間無料体験』のボタンを押します

3.名前とパスワードを登録して「次へ」を押します

4.支払い方法を入力して「送信」を押したら入会完了です
(※31日以内に解約したら無料です)

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

管理人も入るまでは「面倒くさいなぁ」って思っていましたが、やってみたら誰でもできるくらい簡単でした。

試しにもうすぐ70歳になる父親にやらせてみても出来ましたよ!
※父がどうしても過去のドラマを見たいと言い出したので自分でやらせてみました

U-NEXTの解約方法

「『解約方法』を面倒臭くさせて、解約できない作戦なんじゃないの?」と疑われる人もいるかもしれません。

そんな人に一言「解約もめちゃくちゃ簡単です」と言っておきます。

むしろ入会よりも解約のほうが簡単でした。

なんとその時間2分!

そうは言っても不安になるかたもいらっしゃると思いますので解約手順も書いておきますね。

【U-NEXTの解約方法】

1.U-NEXTにログインした状態で左上のメニューを開きます

2.『設定・サポート』と書かれてるところを押します

3.『契約内容の確認・変更』を押して『解約はこちら』を押します

4.そのまま『次へ』を押して『解約する』で解約完了です!

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

何度も言いますが、無料期間中に解約したら一切お金が発生しません。

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『探偵・由利麟太郎』を今すぐ観る

ピグピグ
ピグピグ
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は 各公式サイトにてご確認ください。
探偵・由利麟太郎(ドラマ)の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!キャスト・ネタバレ・次回考察・感想もご紹介!【1話~全話】 ドラマ『探偵・由利麟太郎』の1話~最終回まで無料見逃し動画の配信先 2020年春ドラマ『探偵・由利麟太郎』のテレビ放送を見...
スポンサーリンク
おすすめドラマ記事